鈴鹿央士、広瀬すずとの出会いを回顧 スポニチグランプリ新人賞受賞(シネマトゥデイ)

出典元:スポニチグランプリ新人賞受賞を受賞した鈴鹿央士

俳優の鈴鹿央士が13日、神奈川県川崎市で開催された「第74回毎日映画コンクール」表彰式に出席。映画『蜜蜂と遠雷』でスポニチグランプリ新人賞を受賞した鈴鹿が、本作でデビューした経緯や撮影の裏側を茶目っ気たっぷりに話して会場を沸かせた。

【写真】オープニングセレモニーの様子

 『蜜蜂と遠雷』は、直木賞と本屋大賞をダブル受賞した恩田陸の同名小説が原作。かつて天才少女と呼ばれながら挫折を味わった栄伝亜夜(松岡茉優)ら4人のピアニストたちが国際ピアノコンクールに臨む姿が描かれた。鈴鹿は100人を超えるオーディションから抜擢され、正規の音楽教育を受けずにして類まれな才能を持つ風間塵を好演。報知映画賞、キネマ旬報ベスト・テンなど映画賞の新人賞を総なめにしている。

【広告】

新規申込みで

70,000円キャッシュバック


コメントは受け付けていません。