銀座の上を走る「東京高速道路」の通行料金は一体なぜ無料なのか(アーバン ライフ メトロ)

出典元:アーバン ライフ メトロ

「高速道路 = 有料」は半ば常識ですが、東京には無料の高速道路があるのをご存じでしょうか。それは、中央区を走る「東京高速道路(KK線)」です。銀座の商業施設「銀座インズ」「銀座ファイブ」「西銀座デパート」の上を走っている道路といえばわかりやすいでしょう。

【画像】東京高速道路の位置を見る

 東京高速道路の路線は、首都高の京橋ジャンクションから汐留ジャンクションの間の約2km。この区間だけは、首都高速とは似ているようで別の道路となっています。加えて、首都高よりも歴史が長いのです。

 この道路の建設が始まったのは1953(昭和28)年のこと。戦後復興が進むなかで、銀座付近の渋滞を解消するために計画は始まりました。

 計画は民間主体で進みました。のちに外務大臣などを歴任する藤山愛一郎(1897~1985年)を始めとする当時の財界人の出資で、東京高速道路株式会社が設立されます。道路は公共物にも関わらず、民間主体で進んだのは、東京都に当時70億円あまりという工費を出資する余力がなかったためです。

 資金を調達するために考えられたのが、道路の下にテナントを入れて賃料を取るといったモデルでした。

 建設費の調達が目的のため、入居希望者から前払いをしてもらい資金を調達し、さらに国から財政投融資資金を借りて着工。1959年に部分開通、1966年に全面開通に至りました。無料の理由は、有料で使われない場合、道路の意味がないと考えられたからです(『読売新聞』2002年11月7日付)。

 テナント料があるから無料ということは比較的知られていますが、国土交通省の資料によると、正確には

「道路建設費と運営費をビル賃貸収益で回収し、通行料無料の自動車専用道路を提供」
「高速道路施設の敷地を東京都から賃借」

となっています。

 そう、民間運営の道路ですが、正確には東京都が所有者なのです。

【広告】

【ボムBTサプリ】



1ヶ月に一回のお届け定期便を開始!
毎回15%OFFでお得に続けられる。


コメントは受け付けていません。