阿部サダヲ&松下洸平、迷惑だと分かりつつもやめられないことを告白(クランクイン!)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:クランクイン!

俳優の阿部サダヲが4日、都内で開催された映画『アイ・アム まきもと』完成報告会に、宇崎竜童、松下洸平、水田伸生監督とともに登壇。阿部と松下が初共演した印象や、迷惑だと分かりつつもやめられないことを明かした。

【写真】『アイ・アム まきもと』完成報告会でかわいい笑顔を見せる阿部サダヲ&松下洸平

 主人公の牧本(阿部)は“おみおくり係(=お一人で亡くなった方を埋葬する)”として小さな市役所で働いているが、全く空気が読めない、人の話を聞かない、なかなか心を開かない、周りからするとちょっと頑固で迷惑な存在。本作は、そんな牧本の“亡くなった人の思い”に思いを寄せる無垢だけどちょっと迷惑な気持ちが、人と人を繋ぎ、やがてもたらす奇跡をユーモラスに描く迷惑系ヒューマンストーリーだ。

 阿部と水田監督は、『舞妓Haaaan!!!』、『なくもんか』、『謝罪の王様』に続き、4本目のタッグ。阿部は、「こういうハートフルコメディはあまりなかったので、すごくうれしかったです」とはにかみ、「水田監督の言うことは何も間違っていないです。言われた通りやればいい」と言って水田監督を笑わせていた。

 松下は初の水田組となるが、水田監督とは自身が出演した舞台の楽屋で会ったことがあったそうで、「劇場の裏で話したことはすごくよく覚えていて。それから何度か僕の芝居を観に来てくださっていて、いつかご一緒できるように頑張っていた時に声をかけていただいたので、すごくうれしかったです」と口にし、「『ずっと水田監督とご一緒したい』と周りのスタッフさんに言っていたので、口にするのは大事だなと思いました。願いが叶いました」と感慨深い様子で語った。

 阿部と松下は、初共演。松下は「阿部さんのテレビ、映画、舞台をずっと拝見していたので、本物だと思いました」と最初に会った時のことを回顧。また「ずっと画面越しで見ていた人が間近にいると、牧本なんですけど、阿部さんで。役者としてはやってはいけないことなんですけど、阿部さんが本当にそのままの方なんです」としみじみ。一方、阿部は松下のことを「ステキでした」「舞台のように動き回っていて、動き方も軽やかですよね」と賛辞を送った。

 主人公の牧本にかけて、「迷惑をかけていると分かりつつやめられないこと」を聞かれる一幕も。松下は静かな所で待つ癖があり、撮影現場でスタッフに置いてかれることが度々あると打ち明け、「本当に気配がないみたいで。やめるやめないの話ではないのだけど、気を付けます」と苦笑いしながら告白。阿部は「お世話になった地元の人と仲良くなるのをやめられない」と答え、「今回もたまたま控室として使ったレストランの料理長が高校の先輩で。その人にべったりくっつくようになって、できたての生ハムをいただいてました。優しさに甘えちゃう。それはやめられないし、やめたくない」と宣言していた。

 映画『アイ・アム まきもと』は、9月30日に全国公開。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

美髪素


・白髪や抜け毛が気になりだした方に
・黒く艶やかで美しい毛髪にしたい方に

明朝時代の処方を基に作られた漢方薬です。

コメントは受け付けていません。