阿部寛主演ドラマ『すべて忘れてしまうから』ディズニープラス「スター」で9・14配信開始(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」の「スター」にて独占配信される、阿部寛主演のドラマ『すべて忘れてしまうから』の開始日が9月14日に決定。順次世界配信予定となっている。あわせて初映像となるティザー予告、ティザービジュアルが解禁となり、新たにキャストも発表された。

【動画】『すべて忘れてしまうから』初映像

 ハロウィンの夜に突如姿を消した恋人をめぐる、ミステリアスでビタースイートなラブストーリーを描く本作。阿部演じる、大ヒット作もないまま小説を描き続けている地味で主体性がないミステリー作家“M”は、消えた恋人“F”を探すことに。しかし、次第に“F”の知らない顔や秘密があきらかになっていく…。

 長年俳優として第一線で活躍してきた阿部寛にとっては、キャリア初の配信ドラマ出演、かつ久々のラブストーリー作品への出演となる。また、そんな主人公のMが通う行きつけであり、ハロウィンの夜に彼女が消えた場所でもある、物語のキーとなる舞台 “Bar 灯台”のオーナーを、1996年公開の『スワロウテイル』以来26年ぶりの演技となり、配信作品はもちろん、ドラマ作品への出演も初となるCharaが演じ、同じバーで働く元バンドマンの料理人役を宮藤官九郎が務める。

 さらに、新たに発表されたのが、“M”の担当編者・澤田役に渡辺大知。また、ある目的を抱えながらBar灯台に通う青年・泉を青木柚、Bar灯台でアルバイトとして働く女性スタッフ・ミトを鳴海唯、“M”が通う喫茶マーメイドの店主・マンバを見栄晴、“M”の元同僚であり制作会社の社長を渡辺いっけいが演じる。

 ハロウィンの夜、Bar灯台に姿を見せた“M”の恋人“F”はそのまま姿をくらましてしまう。“F”の所在を探し始める“M”だったが、“F”の交友関係や仕事の悩みなど何一つ知らず、なぜ消えてしまったのか見当もつかない。ティザー予告映像では、うだつの上がらない世間知らずのミステリー小説“M”が、一番近くにいたはずの恋人のことを“何も知らなかった”ことに気づきながら、“F”と関係のある人物にコンタクトを取り、消えた謎を追っていく姿が描かれていく。

 5年も付き合った彼女も含め、他人に関心を持ってこなかった“M”は、探偵に捜索を依頼し、“F”の職場の同僚に話を聞いていくが、彼女が全く知らない顔を持っていたことに徐々に気づいていく…。“F”が消えた事をきっかけにさまざまな人と触れ合っていく“M”は、果たして“F”が消えた真相を突き止めることができるのか?

 映像の最後には、Bar 灯台の常連から“F”の好きな食べ物を聞かれた“M”の曖昧すぎる回答に常連客が唖然とする姿が映し出される。たわいのない会話だが、大切な人のことを何も知らない、他人に無関心な“M”のキャラクターが見事に表現され、何気ない日常をコミカルかつ繊細に描く本作の上質なストーリーへの期待感が上がる映像となっている。

 映像と合わせて解禁となったティザービジュアルは、Bar 灯台で“F”の行方を案じながら、物思いに耽る“M”と、顔が見えない後ろ姿の“F”描かれている。二人のすれ違いを体現しているかのようなポスターとなっており、“M”が探す“F”の行末、“F”を演じているのは一体誰なのか、期待が膨らむ。

【広告】

 【ファイテンオフィシャルストア】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。