青木真也、ノーサブミッションルールで大ピンチ? 7/15(木)DDTプロレス新宿大会開催!(チケットぴあ)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:チケットぴあ

7月15日(木)東京・新宿FACEにて、DDTプロレス「Summer Vacation 2021 TOUR in SHINJUKU」が開催される。

【画像】DDTプロレス「Summer Vacation 2021 TOUR in SHINJUKU」その他の写真

注目はDDT EXTREME級王者のクリス・ブルックスとアイアンマンヘビーメタル級王者の青木真也のダブルタイトル戦。DDT EXTREME級王座はチャンピオンがルールを決められるとあって、クリスはこの試合をノーDQ・ノーサブミッションルールにしてしまった。ノーDQなので反則攻撃が認められ、ノーサブミッションなので関節技が禁止となる。

クリスいわく「アオキサンのプロレスラーとしての新しい側面を引き出す試合形式になる」とのことだが、“寝技最強”の青木にとっては両翼をもがれたようなもの。調印式でも「自分からサブミッションを取ったら何も残らないから困っている。頭をひねって考える」と答えるのが精いっぱいだった。
もちろん青木の持ちアイアンマンヘビーメタル級王座は24時間、闇討ち不意打ちを含めていつでもどこでもフォール、KO、ギブアップで王座が移動するタイトルであり、当日までにベルトを持っていなければ、“ダブル”のタイトル戦は消滅してしまうが果たして?

チケットは好評発売中。

【広告】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。