高杉真宙、独立後初の映画主演! 関水渚共演・長崎俊一監督のラブストーリー、10月14日公開(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

高杉真宙が主演し、関水渚が共演するラブストーリー「いつか、いつも……いつまでも。」が、10月14日に公開されることがわかった。2021年4月に事務所を独立した高杉にとって、本作は独立後初の主演映画となる。

【フォトギャラリー】そっけない態度の裏に優しさを隠した医者を演じる高杉真宙

 「西の魔女が死んだ」の長崎俊一監督と脚本家・矢沢由美が再びタッグを組み、偶然のいたずらで、ひとつ屋根の下で暮らすことになった男女の恋と家族のつながりを、オリジナル脚本で描く。

 海辺の診療所で、祖父とともに働く医者の俊英。ある日彼は、憧れの女性とそっくりな亜子と出会う。俊英が胸をときめかせたのも束の間、“こじらせ女子”の亜子に振り回され、彼女に抱いていた理想像は粉々に。しかし、諦めきれない夢と現実の間で傷付く亜子の素顔を知るにつれ、淡々と生きていた彼のなかの何かが変わっていく。一方、あることがきっかけで、俊英と同じ家で暮らすことになった亜子もまた、俊英や“じいさん”、家政婦のキヨさんと囲むあたたかい食卓に、かけがえのないものを見出す。

 「異動辞令は音楽隊!」や、NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」が控える高杉は、感情表現が苦手で、そっけない態度の裏に優しさを隠した俊英を演じる。高杉は座長として、「スタッフとキャストのみなさんが、楽しくいい作品を作れるよう心がけた」そうで、「温かい作品なので、温かい現場になればいいなと思いながら撮影に臨みました」と振り返る。初共演を果たした関水とは、撮影の約8割が同じシーンということもあり、「演技のリズムをつかむために、互いに会話をしながら役を作り上げていった」と明かした。

 「コンフィデンスマンJP」シリーズなどで知られ、ドラマ「元彼の遺言状」が本日6月20日で最終回を迎える関水は、俊英と彼の家族の温かさに触れ、次第に自分自身を取り戻していく、純粋で真っ直ぐな亜子を体現。関水は高杉との共演について、「最初は緊張したのですが、すごく優しく接していただいたおかげで、リラックスして亜子を演じることができました」と語る。長崎監督は、高杉と関水にそれぞれ、「主人公・俊英の不器用さや頑固さを見事に表現してくれて、素晴らしかった」「複雑な役柄をチャーミングで愛おしくなるキャラクターに作り上げてくれた」と賛辞をおくった。

 「いつか、いつも……いつまでも。」は、10月14日に全国公開される。高杉と関水のコメント(全文)は、以下の通り。

■高杉真宙
 主人公の俊英とは、“一度決めたらこう”という頑固な性格が自分自身と似ていると思います。俊英と亜子の2人の軸でまわっているストーリーなので、関水さんとはリハーサルや本番を通してやりづらいところを確認したり、また撮影の合間に積極的にコミュニケーションを取りながら役を作り上げていきました。初めてお目にかかる方とたくさん話せるほうではないのですが、関水さんはとてもフランクにお話しできる方。スタッフさんとの距離感も近く、みんなで一緒に作っている感覚がすごくあった作品だと思います。

■関水渚
 亜子が俊英の家族と出会って日々を過ごしたように、撮影中は、私自身もスタッフさんやキャストのみなさんと楽しい毎日を過ごさせていただきました。映画のタイトルのように“いつまでも”この毎日が続いたらいいな、終わったら寂しいな……と思う日々でした。高杉さんはとても優しく接してくださって、俊英と亜子の役柄にちょっとずつ近づいていくことができ、自然に演じることができました。

【広告】

      【FC東京】チケット販売



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。