高畑勲監督死去 5月にジブリ主催「お別れ会」「やりたい事がいっぱいある人だったので、さぞかし無念だと思います」(BuzzFeed Japan)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

「火垂るの墓」「かぐや姫の物語」などの代表作を持つスタジオジブリのアニメーション監督、高畑勲さんが肺がんで死去した。82歳だった。

【写真】ポニョ、ラピュタ、魔女宅…ジブリのごはんを再現した写真が最高に美味しそう

5月に「ジブリとして盛大なお別れの会」が開催されるという。

1935年生まれ。「アルプスの少女ハイジ」「じゃりン子チエ」などのTVシリーズの演出・監督を経て、スタジオジブリの設立に参画。宮崎駿監督とともに、日本のアニメ界を先導してきた。

ジブリでは監督として「火垂るの墓」(1988)、「おもひでぽろぽろ」(1991)、「平成狸合戦ぽんぽこ」(1994)、「ホーホケキョ となりの山田くん」(1999)などを発表。

2013年に公開した「かぐや姫の物語」は、米国アカデミー賞長編アニメーション映画部門賞にノミネートされた。

鈴木敏夫プロデューサーは、公式サイトで「やりたい事がいっぱいある人だったので、さぞかし無念だと思います。宮崎駿とも相談し、ジブリとして盛大なお別れの会をとり行い、見送ることにしました」とコメント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。