麻雀・第34期鳳凰戦A2リーグ 第7節C卓 佐々木寿人がトップも降級圏脱出ならず(AbemaTIMES)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

日本プロ麻雀連盟の最高峰タイトル「鳳凰位」のリーグ戦、第34期鳳凰戦A2リーグ第7節C卓が10月17日、日本プロ麻雀連盟チャンネル(FRESH!ほか)で放送され、佐々木寿人がトップを取ったものの、降級圏からの脱出はならなかった。

 リーグで16人中13位と、下位4人の降級圏内に甘んじている佐々木は、1回戦でトップを取り好スタートを切ったものの、その後は4人が横一線。4回戦のオーラスで逆転の満貫をツモ上がりし、卓内トップをもぎ取った。+17.7ポイントと卓内トップながら小さな加点で、リーグ順位は13位のまま。「展開は厳しかったが何とかプラスにできてよかった。とはいえ、まだまだ苦しい位置なので、気を抜かずに頑張ります」と、次戦での降級圏脱出を狙っていた。

【試合結果】
1位 佐々木寿人+17.7
2位 山田浩之+15.8
3位 荒正義▲9.3
4位 望月雅継▲24.2

 ◆鳳凰位 日本プロ麻雀連盟のタイトルの1つで、30年以上の歴史がある同連盟最高峰タイトル。A~Eまで計11のリーグに分かれている。A1は12人で行われ、上位3人が前年度の鳳凰位と半荘16回戦でタイトルを争う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。