黒木メイサ、初めての映画館体験を懐かしむ 「タイタニック」はトラウマ!?(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

[映画.com ニュース] 日本歴代興行収入2位の262億円を稼いだジェームズ・キャメロン監督、レオナルド・ディカプリオ主演作「タイタニック」が4月21日、沖縄県で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」で上映され、同県出身の人気女優・黒木メイサが北谷・ミハマ7プレックスで舞台挨拶に立った。

*checkit http://eiga.com/news/20180421/16/2/ 【フォトギャラリー】黒木メイサ、その他の写真はこちら

 「タイタニック」は、同映画祭10周年を記念してスタートした新企画「マイ フェイバリトムービー~Thanks to MOVIE & OKINAWA~」で黒木が選んだことにより上映された。1997年当時、9歳だったという黒木は「初めて映画館で見た作品が『タイタニック』でした。しかも劇場がここだったんです!」と満面の笑みで告白。家族と一緒に鑑賞したそうで、「隣に両親がいたので女性が裸になるシーンとかでは恥ずかしかった記憶も。船が沈むシーンも衝撃的で、そっちに気が取られちゃった」と懐かしんだ。

 芸能界デビューのため15歳で上京した黒木だが、「(帰郷すると)北谷には絶対に来ますね。子どもの頃からお出かけの時にワクワクしたのは北谷」と語る。現在も年2~3回は帰郷するそうで、「うちは姉3人の4姉妹なので、自宅でワイワイやっちゃう事の方が多いんです」とニッコリ。ビーチパーティに行くかと聞かれると、「泳げないんです。でも、行きますよ。お肉を食べるだけですけど」と地元トークに花を咲かせていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。