13キロ増で“高校デビュー”大失敗、あか抜けない女子高生が一念発起で手に入れた変化「当時はおブスだった…」(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

「5年前、今」と、あか抜けていなかった学生時代の写真と現在の写真を並べてツイートした富加見ジウさん。ジェンダーレスをコンセプトにしたカフェに勤務しているコスプレイヤーだ。別人レベルに変化した2枚の写真には驚きの声のほか、変化の具合に共感も集まった。そんな彼女に、美意識向上のきっかけや、努力の軌跡を聞いた。

【写真】「垢抜けてない!」「今とは別人!?」中二病からの13キロ増量した“逆・高校デビュー”時代

■13キロ増でベリーショート…、大失敗の“逆・高校デビュー”がきっかけに

――5年前と今とで、ずいぶんあか抜けましたね!

富加見ジウ そうですよね(笑)。定期的に写真フォルダを見返していて「最近また垢抜けたなぁ」と思い、この感覚をフォロワーさんと共有したくてツイートしました。

――5年前のご自身の写真を見返して、どのように感じましたか?

富加見ジウ 率直に言うと「おブスだなぁ」という印象ですね。でも、当時はこれでも気を使っているつもりでした。厨二病をこじらせた結果、メガネ&M字バングで悦に入っていて…。ファッションのセンスは変わりましたが、今でも中二病であることに違いはないですけどね(笑)。

――この当時は中学生だったんですよね。

富加見ジウ そうですね。中学生3年生でした。受験で11年間打ち込んできたバトントワリングをやめて、一気に13キロ増、急激に太ってしまって。そのときタイミング悪く“ジェンダーレス女子”に憧れて、運動部でもないのにベリーショートのヘアスタイルにしてしまったんです。その状態で高校入学が待っていたので、大失敗の高校デビューを飾ってしまいました。でもそれが変わるきっかけになりました。

――高校デビューに失敗したことが転じて、美意識の向上につながったと?

富加見ジウ そうなります。あまりにもダサい当時の容姿を、自分自身でも見ていられなくて、「どうして私にはこの髪型が似合わないんだろう?」「この服装が似合わないんだろう?」と、似合わない理由や、改善できることを探していくうちに、少しずついい方向に変わっていきました。おかげでだんだんと自信もつき、“踊ってみた”やコスプレにも挑戦するようになって。さまざまな経験を積んだことで、今の私になった…という感じです。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)


・抜け毛や薄毛が気になる方に
・黒々と健康的な毛髪を維持したい方に
髪のphコントロールや、
頭皮のオイルバランスキープに役立つシャンプー

コメントは受け付けていません。