A東京・田中と川崎・篠山、B1開幕戦を前に意気込み語る(チケットぴあ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:チケットぴあ

9月27日、『B.LEAGUE 2020-21 SEASON TIPOFF CONFERENCE』が行われた。10月2日(金)に先出し開幕戦で激突するアルバルク東京・田中大貴と川崎ブレイブサンダース・篠山竜青が登場し、次のように意気込みを語った。

「無観客も考えられる中、制限付きとは言えホームでファンの前でプレーできることをうれしく思う。今までにないシチュエーションの難しいシーズン。無事60試合をできるかもわからないが、競技者、勝負師としてプレーする。優勝しないと意味がないと思っている」(田中)
「去年、中地区首位に立っていながら中止となり非常に悔しい思いをした。この思いを今季にぶつけたい。川崎はDeNA体制3年目。これまで認知度を高め、観客動員を増やしてきた。この4年目はブランド力向上という目的がある。それには本業の結果が大事」(篠山)

開幕戦の勝負のポイントを問われると、ふたりは次のように答えた。
「ニック(・ファジーカス)が帰化し、4人の外国籍選手がいるようなサイズがあり、機動力もあるので脅威。開幕まで積み上げたものを出さないといけない。2連勝は大きなチャレンジ。ヘッドコーチが求めるものをパーフェクトに出さないと達成できない」(田中)
「勝つために去年からやってきた4つのキーワードが大事になる。常に相手よりも先に準備し、相手よりもタフに戦い、自分たちがやりたいバスケットを仕掛け、相手がやりたいバスケットをさせない。アルバルクはディフェンスが激しいので、プレッシャーリリースしてうまくオフェンスしないと相手ペースになってしまう」(篠山)

A東京の3連覇、川崎の初優勝への思いは強いとふたりは語る。
「(3連覇に挑戦する)そういう権利があるのはうちだけ。そのチャレンジをできることを誇りに思う」(田中)
「新たなスタートという感覚がある。選手それぞれに強い気持ちがある」(篠山)

両者とも開幕を前に手応えを感じていると言う。
「何年か夏の間は代表の活動でチームに参加しなかったが、今季はチームの活動に参加できている。シュートやピック&ロールの技術を夏の間コーチとやって来たので相手のディフェンスにアジャストできるとも思う」(田中)
「今年の方がチーム全体の準備期間は増えているので連係の取れたディフェンスができると思う。でもまだまだ完成形ではない。60試合で育てていかないといけない部分もある。外国籍選手が揃わないチームもある中、僕らは揃っているのもアドバンテージ」(篠山)

『2020-21 B1リーグ戦』A東京×川崎は10月2日(金)・3日(土)・アリーナ立川立飛にてティップオフ。また『B.LEAGUE 2020-21 SEASON TIPOFF CONFERENCE』の模様は9月27日から10月2日(金)にかけてB.LEAGUE公式YouTube、バスケットLIVE、スポーツナビにて配信。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ

月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。