A24×「コロンバス」監督×テーマ曲・坂本龍一、近未来を舞台に切なく美しい物語「アフター・ヤン」10月21日公開(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:映画.com

A24製作、「コロンバス」で話題を集めたコゴナダ監督の最新作「After Yang」が、「アフター・ヤン」の邦題で10月21日から公開される。

 小津安二郎へのオマージュを込めた前作「コロンバス」が世界中で話題となった映像作家コゴナダによる脚本で、人間と人工知能のあわいを伏線豊かに描き、静謐な映像と心に響く音楽が観る者を魅了する感動作。オリジナル・テーマ曲を坂本龍一が担当し、さらに、音楽を手掛けたAska Matsumiyaの美しいアレンジに加えて、岩井俊二監督作品「リリイ・シュシュのすべて」での名曲「グライド」を、Mitskiが歌う新バージョンで甦らせた。

 遠くない未来。AIロボットのヤンは、ある一家のもとで養女のミカとともに、慎ましくも幸せな日々を送っていた。しかしある日、ヤンは突然の故障で動かなくなってしまう。父親のジェイクはふさぎ込む娘のためにヤンの修理の手段を模索するが、その過程でヤンが撮り溜めた断片的な記録映像を発見する。そこには、家族に向けられたヤンの温かなまなざしと、ある秘密が残されていた。

 小津作品の信奉者としても知られる韓国系アメリカ人のコゴナダ監督は、長編第2作となる本作でスタジオA24とタッグを組み、派手な視覚効果やスペクタクルに一切頼ることなく、唯一無二の未来的な世界観を構築。残された記録映像を手がかりにヤンのミステリアスな過去をたどっていく主人公ジェイクに扮するのは、「THE BATMAN ザ・バットマン」での怪演も記憶に新しいコリン・ファレル。加えて、「ウィズアウト・リモース」のジョディ・ターナー=スミス、「アンブレラ・アカデミー」のジャスティン・H・ミン、2011年生まれの聡明な子役マレア・エマ・チャンドラウィジャヤが切なくも温かな“未来の家族”を体現。そして「コロンバス」で主演を務めたヘイリー・ルー・リチャードソンが物語の鍵を握る謎めいた女性を演じる。

 10月21日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開。

コメントは受け付けていません。