Activision Blizzardが再び提訴される 性的暴行、性差別、意図的に精神的苦痛を与えたとして(IGN JAPAN)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:IGN JAPAN

Activision Blizzardが、性的嫌がらせを行ったとして再び提訴された。今回は性的嫌がらせに加え、性的暴行、ハラスメント防止策の不実施、性差別、意図的に精神的苦痛を与えたとされている。
The Daily Mailによると、匿名の女性が「Activision Blizzardは大きなセクハラ問題を抱える巨大なビデオゲーム会社だ」とロサンゼルス高等裁判所に訴状を提出したという。
この女性は、賠償金(金額非公開)、懲罰的損害賠償、および以前にActivision Blizzardでの性的嫌がらせの疑惑を知りながら報告しなかったとして告発されたCEOのボビー・コティックの解任を求めている。

「ゲーム」画像・動画ギャラリー

訴訟の対象となっているのはActivision Blizzardと、元社員のミゲル・ベガだ。ベガは訴訟を起こした女性のかつてのマネージャーで、ベガからの嫌がらせを経営陣に報告した翌月に解雇されたという。
この女性はBlizzard Entertainmentに入社する以前の2009~2010年頃にベガと知り合い、2人は友人関係となった。その際に女性は自身の「人に見られると困るような写真」を送ってしまい、現在はそれを後悔していると訴状で述べられている。その後、女性にはパートナーができた(現在の夫)ため、この関係は2011年に終わった。
訴状によると、2016年にベガはActivision Blizzardでの独立請負人としての仕事をこの女性に紹介し、その後女性は2020年に同社で常勤として働き始めたという。ベガは「いつかは屈する」と言い女性の体を触ったりキスをしようとしたり、それに加えて女性を貶し、侮辱し、写真をちらつかせて脅迫したとされている。

「ベガは彼女を侮辱する機会を決して逃さなかった」と訴状で述べられており、脅迫を報告したその翌月にベガは解雇されたがこれを不十分であったとし、Blizzard Entertainmentがより迅速な是正措置を取らなかったことでベガの行為を容認していたと主張している。
Activision Blizzardに対する一連の申し立ては、同社が男性優位的な文化を助長しているとしてカリフォルニア州に提訴されたことから始まった。今回の訴訟は現在、ロサンゼルス高等裁判所で係争中で2023年2月に公判が行われる予定だが、Activision Blizzardは最近、別の性的嫌がらせに関する訴訟で米雇用機会均等委員会と1800万ドル(約26億5000万円)の和解が成立している。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(烏髮配方)


・髪にツヤがなくなってきたと感じる方に
・健康的な頭皮と毛髪を維持したい方に

髪のツヤが気になる方向けシャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。