BOOMER、“ボキャ天バブル”崩壊後、即・過去の人に… 当時の縁に支えられた20年(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

若手芸人がランキング形式で“言葉遊び”のネタ見せを行い、90年代に一世を風靡したテレビ番組『ボキャブラ天国』(フジテレビ系)。爆笑問題、ネプチューン、くりぃむしちゅーなどを輩出し、若い女性を中心に絶大なる人気を誇っていたが、番組の終了とともに芸人たちの明暗は分かれてしまった。同番組内で、爆笑問題に続き二代目王者に輝きながら、その後の波に乗り切れなかった“実力派”BOOMERに、当時の状況、放送終了後の20年を振り返ってもらった。

【写真】「だっちゅ~の」ボキャブラの姫、パイレーツ浅田好未、テラテラ光るキャミワンピの妊婦姿

■“芸人はライバル同士”を覆した番組「ボキャ天は“チーム”だった」

――90年代の『ボキャブラ天国』ブームはすごかったですよね。その渦中にいらしたおふたりは、当時の盛り上がりをどのように感じていましたか?

河田キイチ 当初『ボキャブラ天国』はVTRの紹介がメインで、芸人のネタ見せコーナーは10分程度だったんですよね。それが途中から芸人メインの構成になって、急に盛り上がった記憶があります。いつも通り地方に営業に行ったら、突然黄色い声援が聞こえたりね。といっても、ほとんどがネプチューンのファンだったんですけど(笑)。

伊勢浩二 日本人って、昔からランキング形式の番組が好きじゃないですか。僕らも『ザ・ベストテン』とかよく見ていたけど、毎週、お笑いのネタをランク付けして発表するような番組はそれまでなかったので、幅広い層に刺さったように思います。

――『ボキャ天』に出演されていた芸人さんは、まさにアイドル的な人気を博していましたが、実力派と言われたBOOMERが一括りにされ、そうした扱いを受けることに葛藤はありませんでしたか?

河田キイチ うーん。なかった…ですね。僕らの世代の芸人は皆、ピリピリしていたといいますか、ライバル感が強かったんですよね。ほかのコンビの練習を物陰から覗いて、お互いのネタを盗み見し合う…なんてこともよくしていましたね。それが『ボキャ天』が始まって、芸人同士が“チーム”みたいになったんですよ。

――ランキングの番組だからこそ、なおさらライバル視してしまうのでは…という気もするのですが、みなさん仲が良かったんですか?

伊勢浩二 一緒に飯食ったり遊びに行ったりしてたよね。

河田キイチ ある日、番組制作会社の社長から、「1位を目指すのではなく、座布団の奪い合いを楽しむゲームだと思ってやってくれ」と言われたのが大きかった気がします。勝敗にこだわるんじゃなくて、皆で楽しい空間を作り出すことを意識し始めました。そこから、芸人全員の意識が変わって。チームプレイを念頭に置きながらネタを作るようになったんです。その辺りから、皆、急激に仲良くなっていった感じですね。

【広告】

【ファイテン公式】




コメントは受け付けていません。