DGA賞がコロナ禍特別ルールを撤回 22年は劇場公開映画のみが対象に(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

米監督組合(DGA)が、第74回DGA賞授賞式を2022年3月12日(現地時間)に行うと発表した。これに合わせ、劇場用長編映画部門に関しては7日間以上劇場で上映された作品のみが対象となるというルールを復活させている。

 第73回のDGA賞は、コロナ禍による劇場閉鎖で、7日間以上劇場で上映のルールが免除されていた。今年はディズニーが「クルエラ」や「ブラック・ウィドウ」、ワーナー・ブラザースが「ゴジラvsコング」や「DUNE デューン 砂の惑星」などを劇場公開と同時に自社動画配信サービスで配信することになっており、これらはDGA賞の審査対象外となる。

 ワクチン接種の加速とともにアメリカの映画館が活況を呈するなか、DGAのトーマス・シュラム会長は「観客を集め、映画製作者が意図した通りに映画を体験してもらうという、劇場映画が果たす重要な役割の復活を祝います」とコメントを発表。なお、第73回DGA賞の長編映画部門を受賞した「ノマドランド」のクロエ・ジャオ監督は、そのまま米アカデミー監督賞を受賞している。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ



コメントは受け付けていません。