HIRO柴田が初戦卓内トップでスタート/麻雀・鳳凰戦A1リーグ第1節B卓(AbemaTIMES)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

日本プロ麻雀連盟の最高峰タイトル「鳳凰位」への挑戦権を争う、第35期鳳凰戦A1リーグの第1節B卓が4月9日、東京都・夏目坂スタジオで行われ、HIRO柴田が今期初戦を卓内トップで飾った。

 昨年度は決定戦に進出しながらタイトルに手が届かなかった柴田は、1回戦に和久津に大きなトップを取られるものの、2回戦で早くも反撃しトップに。その後は近藤、紺野と各選手1回ずつトップを取り合ったが、常に上位で争った柴田が卓内トップで順調なスタートを切った。

【試合結果】
1位 HIRO柴田+19.3
2位 和久津晶+17.6
3位 紺野真太郎▲6.5
4位 近藤久春▲32.4

 ◆鳳凰位 日本プロ麻雀連盟のタイトルの1つで、30年以上の歴史がある同連盟最高峰タイトル。A~Eまで計11のリーグに分かれている。A1は12人で行われ、上位3人が前年度の鳳凰位と半荘16回戦でタイトルを争う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。