Netflixがゲーム分野へ進出!まずはモバイルゲームにフォーカスし、ゲームプレイに追加料金を請求しない計画(IGN JAPAN)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:IGN JAPAN

Netflixがゲーム分野へ進出する戦略の詳細を明らかにし、本格的にタイトルを展開し始めた際、サブスクリプション・サービスのメンバーにゲームをプレイするための追加料金を請求しない計画などを発表。またNetflixは、初期段階ではモバイルゲームに焦点を当てることも明かしている。
Netflixは、四半期ごとの財務収益に先立つ株主への書簡で、新しいゲーム事業について説明するセクションを設けている。先週、Netflixはベテランのビデオゲーム・エグゼクティブであるマイク・ヴァーデュを雇用し、氏がNetflixのゲーム開発担当部長に就任したことを発表していた。

「Netflix」画像・動画ギャラリー

Netflixは、「オリジナル映画やアニメーション、脚本なしのテレビ番組への拡大と同様に、我々はゲームをもうひとつの新しいコンテンツ・カテゴリだとみなしている」と述べている。またNetflixは、ゲームがプラットフォームでリリースされると、「映画やドラマシリーズと同様に、追加料金なしでサブスクリプションサービスに含まれる」と付け加えていた。
Netflixは具体的なタイトルやゲームは発表していないが、インタラクティブな番組『ブラック・ミラー:バンダースナッチ』やNetflixがリリースした『ストレンジャー・シングス 未知の世界』といった数多くのゲームを中心とした、初期の取り組みに基づいて計画していることも説明している。
Netflixは、「最初は主にモバイルデバイス向けのゲームにフォーカスします。オリジナルのプログラミングを始めて10年近く経ちましたが、Netflixのユーザーがどのようにゲームを評価しているかについて、もっと学ぶ時期が来たと思っています」 と書簡に綴っている。

初めにNetflixは、ヒットしたオリジナル番組を基にしたインタラクティブな番組やライセンス付きモバイルゲームなど、過去にリリースしたインタラクティブ・コンテンツの一部に加えてゲーム分野へ進出するようだ。また、Netflixはゲームを長期的なプロジェクトとして見なしており、同社が何が上手くいくか試行錯誤を繰り返していけば成長の余地があると示している。

【広告】 <strong>更年期?</strong>

《経典薬方》全鹿滋腎丸

<

・体のだるさ、痛みを感じる方に
・眠りが浅い、眠れないと悩んでいる方に

腰や膝を始めとする身体機能の衰えやだるさ、      睡眠の質などの改善に

コメントは受け付けていません。