Snow Man、実写映画『おそ松さん』主演をファンに報告 特別映像公開(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

本日、電撃発表されたアニメ『おそ松さん』の実写映画化。主演を務めるのは人気アイドルグループ・Snow Man。同日、Snow Man YouTube公式チャンネルで特別映像が公開され、メンバーそれぞれが演じる役柄やこれから始まる撮影への意気込みなどを語った。

【動画】Snow Man『おそ松さん』祝主演記念…省略王決定戦!

 『おそ松さん』は、昭和を代表する漫画家の一人、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画「おそ松くん」のその後を描いたアニメ。2015年10月に放送が開始され、20歳を過ぎてもクズでニートで童貞、だけどどこか憎めない大人に成長した松野家6つ子を主人公に何でもありの予測不可能な物語が人気を博している。

 今回の実写映画では、長男・おそ松役を向井康二、次男・カラ松役を岩本照、三男・チョロ松役を目黒蓮、四男・一松役を深澤辰哉、五男・十四松役を佐久間大介、六男・トド松役をラウール。さらに、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太が演じるオリジナルキャラクターが登場する。

 「まさか、私たちが『おそ松さん』の実写映画で主演をやらせていただけるなんて」と深澤。メンバー全員興奮冷めやらぬ様子だ。その中でもハイテンションだったのは大のアニメ好きの佐久間。放送当初からアニメ『おそ松さん』を観てきたといい、自前の十四松Tシャツを着込んで登場。「まず、『おそ松さん』の実写化って大丈夫か? できるのか? あんなにすごい作品が! 僕たちが出ると聞いて、マジ?というれしさと、どうしよう?という気持ちがすごくあった。これは力入れて頑張りたいな、と思いました」と、語った。

 おそ松役の向井は、「仕事していません、今」と、早くも役作りでニート生活中? 「ロケと雑誌の仕事が入っているけど、はよ帰りたい」「メイク落としたい」と発言し、メンバーからさっそく「クズだ!」と称賛(?)の声があがったほど、全力で取り組む姿勢を示した。

 そして、渡辺が演じるエンド、阿部が演じるクローズ、宮舘が演じるピリオドは、3人とも物語のキーパーソンであり、「名前にも意味がある」(宮舘)、「6つ子と絡むシーンもあって、その時はけっこう僕らも暴れちゃう」(阿部)とのこと。ただ、「この3人については映画が公開されるまでほぼわからない」(深澤)という謎多きキャラクターでもあるようだ。

 クランクインに向けて、岩本が「和気あいあいと、今まで以上に笑顔があふれる現場になると思う。時期的に暑さとの闘いになると思うが、自分たちも楽しんで撮影に挑めれば、仕上がった時に観てくれる人たちも楽しめる作品になるのではないかと思う。笑顔は大事にしていきたいと思っています」と、意気込むと、ほかのメンバーも大きくうなずいていた。

 さらに、ラウールが「ファンの皆さんもどうなることやら、とソワソワしていると思いますが、すごく面白くて良いものに仕上がるように僕たちも頑張りますので、劇場で観てもらえたらうれしいです」と呼びかけ、報告を終えた。

 特別映像の後半は、映画『おそ松さん』が公開される2022年は、「おそ松くん」生誕60周年」であることにちなんで(?)、略語の正式名称を当てる「省略王決定戦」の模様が楽しめる。

【広告】 <strong>更年期?</strong>

《経典薬方》天王補心丹

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。