Souがオリジナル曲のみ披露した初の配信ライブで日本&海外ファンを沸かす(音楽ナタリー)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:音楽ナタリー

Sou初の配信ワンマンライブ「Sou LIVE 2020 -UTOPIA-」が9月19日に実施された。

【写真】「Sou LIVE 2020 -UTOPIA-」の様子。(写真提供:Virgin Music)(メディアギャラリー他8件)

Souがワンマンライブを行うのは、昨年夏のワンマンツアー「2019 Summer Tour『深層から見た景色』」以来約1年ぶり。今回のライブでは、8月にリリースされた新作音源「Utopia」の世界観を映像グラフィックや照明で表現したオリジナル曲のみで構成されたライブパート、バーチャル化したSouによるトークパートが展開され、この様子を国内外のファンが視聴した。

定刻になってバンドメンバーが演奏を始めると、Souは「Utopia」のジャケットをイメージした衣装で登場。「行くぞー!」と気合いを入れ、「愚者のパレード」で勢いよくライブの幕を開けた。間髪入れずにアッパーな「ノイド」を歌い、画面越しの視聴者を沸かせたSouは、その後「闇」をテーマにした「Utopia」の楽曲を次々と歌唱。「悪者」では挑発的なボーカルを、「クイニーアマンダ」ではささやくような歌声を披露し、表現力の幅を見せた。みずみずしいサウンドの「インペリアルボーイ」、荘厳な雰囲気の「善人じゃない」を届けたあと、Souは深く息を吸い込む。そして「もう会えないと思う」を感情に訴えかけるように歌い上げた。残すところあと2曲となり、Souはオンラインライブについて「生で音楽を届けられない歯がゆさもあるんですけど、この状況にならなかったら配信ライブという選択肢もなかったわけで。普段気付かない視点から物事を見ることができて、ポジティブな面にも気付けました」と思いを口に。マイクを握り締め、とっておきの曲だという「ミスターフィクサー」を届け、ラストナンバーの「ユートピア」で美しいハイトーンボイスを聴かせてライブパートを締めくくった。

パフォーマンス後のトークパートでは、Souが国内だけでなく海外のファンとの交流を楽しみながら、オンラインライブを振り返る。演出面について「紗幕に映像を映す仕掛けなど、オンラインならではの演出になったと思います」、衣装について「実はガスマスクをぶら下げてました」とそれぞれこだわりのポイントを明かした。そして「みんなに会える日のために活動をがんばっていきたいと思います」と視聴者に誓い、オンラインライブを結んだ。

■ Sou「Sou LIVE 2020 -UTOPIA-」2020年9月19日 セットリスト
01. 愚者のパレード
02. ノイド
03. 悪者
04. クイニーアマンダ
05. インペリアルボーイ
06. 善人じゃない
07. もう会えないと思う
08. ミスターフィクサー
09. ユートピア

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。