「『宇宙戦艦ヤマト』という時代」入場特典は3000種以上の名場面フィルム 「2199」復刻上映も決定(映画.com)

出典元:映画.com

「宇宙戦艦ヤマト2199」と「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」を新たな切り口で再構成した特別総集編「『宇宙戦艦ヤマト』という時代 西暦2202年の選択」の入場特典が、名場面をプリントした「名場面生コマフィルム」に決定した。フィルムの種類は3000種以上で、来場者1人につき1点、ランダムに配布される(非売品。なくなり次第終了)。

 さらに、2021年1月14日に前夜祭舞台挨拶、1月16日に上映記念舞台挨拶が東京・新宿ピカデリーで開催決定。前夜祭舞台挨拶には福井晴敏(構成・監修・脚本)、佐藤敦紀(ディレクター)、宮川彬良(音楽)、西崎彰司(製作総指揮・著作総監修)が登壇し、上映記念舞台挨拶は小野大輔(古代進役)、桑島法子(森雪役)らキャストとスタッフが参加する。

 また今作の劇場上映を記念し、TOKYO MXでは「2199」「2202」テレビシリーズの厳選エピソードや特別番組を21年1~3月にかけて放送。「上映記念セレクション放送」と題し、「2199」「2202」の全52話のなかから、「『宇宙戦艦ヤマト』という時代」ディレクターの佐藤が厳選したエピソードを放送する。このほか新宿ピカデリーと大阪・なんばパークスシネマでは、21年1月1~7日に「宇宙戦艦ヤマト 2199」第1~7章の復刻上映を実施。上映時間などの詳細は劇場公式サイトで発表される。

 「『宇宙戦艦ヤマト』という時代 西暦2202年の選択」は、21年1月15日から劇場上映される。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。