「ありがとう、トニ・エルドマン」のお父さん、今度はカリスマ指揮者に 新作のキャスティング裏話も(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

指揮者ダニエル・バレンボイム率いる楽団をモデルに描いた「クレッシェンド 音楽の架け橋」から、オーストリア出身のベテラン俳優ペーター・シモニスチェクの場面写真が披露された。ドイツで大ヒットを記録した「ありがとう、トニ・エルドマン」で“悪ふざけ大好きお父さん”を演じたシモニシェックが、本作では威厳あるカリスマ指揮者に扮している。

【画像】イメージがらり!「ありがとう、トニ・エルドマン」のペーター・シモニシェック

 世界的に有名な指揮者のエドゥアルト・スポルクは、紛争中のパレスチナとイスラエルから若者たちを集めてオーケストラを編成し、平和を祈ってコンサートを開くというプロジェクトを引き受ける。オーディションを勝ち抜き、家族の反対や軍の検問を乗り越え、音楽家になるチャンスを掴んだ20余人の若者たち。しかし、戦車やテロの攻撃に晒され憎み合う両陣営は激しくぶつかり合ってしまう。

 シモニシェックは、オーストリアのグラーツ音楽演劇芸術大学で学び、主に舞台を中心に活躍。ミヒャエル・ハネケら名匠とも仕事をともにしてきた。「ありがとう、トニ・エルドマン」では、ロン毛のかつらに出っ歯というバレバレの怪しい変装で娘の職場やパーティー会場に現れる父親を演じ、ヨーロッパ映画賞主演男優賞を始め多くの賞に輝いた。

 本作で演じた指揮者のスポルクは、鋭い眼差しでオーディションを行うが、敵対するオーケストラの若者たちにじっくり向き合う情熱を持つキャラクター。実はスポルクにはある衝撃の過去があり、心の中に大きな葛藤を抱えている。

 複雑なキャラクターに挑んだシモニシェックについて、ドロール・ザハビ監督は「マエストロ役は初めからシモニシェックにと決めていた」と語り、「彼は指揮者役として理想的なだけでなく、唯一無二の存在であり、驚くべきキャリアを築き上げてきています」「物語の核としての温かさを加え、彼にしか出来ない力強い演技でこの映画の質をより一層高めてくれました」と、その確かな演技力を絶賛している。

 「クレッシェンド 音楽の架け橋」は、1月28日から全国公開。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                  買取プレミアム

がおすすめ



コメントは受け付けていません。