「うっせぇわ」大ヒットのAdo、大反響に戸惑いも? 社会への怒りぶつける歌詞に共感「学校のルールに苦しみ悩んだ」(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

YouTube動画を起点に、若者を中心に大きな広がりを見せた「うっせぇわ」。動画再生数はもちろん、デジタルシングルやストリーミングの記録も伸ばし、幅広い世代を巻き込んだ大ヒットとなっている。その刺激的な歌詞から、ときには大人たちの間で物議をかもすほどになったことを思うと、もはや社会現象とも言えるだろう。同曲を歌うのは、現役高校生のAdo。彼女は、ここまでの反響をどう受け止めているのか。率直な本音を聞いた。

【写真】「こんなとこで録ってるの⁉」Adoが自力で作った、自宅のクローゼット

■大きすぎる反響にヘンな汗、メディア露出は「客観視できない」

 2021年前半の音楽シーンの最大のニュースは、やはりAdoのブレイクだろう。メジャーデビュー曲「うっせぇわ」が「オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキング」、「オリコン週間ストリーミングランキング」の2部門で1位を獲得(2/8付)。デジタルで3週連続1位、ストリーミングで再生数が4週連続1000万回を超えるなど、一気に知名度を高めた。YouTubeで公開された新曲「ギラギラ」も、12日で1,000万再生を突破。豊かなボーカル表現にも注目を集めている。小学生の頃からボーカロイド系、歌い手の音楽に夢中になり、中学生のときから自ら歌ってみた動画を公開していたというAdo。この春、高校を卒業する彼女の、シンガーとしてのキャリア、ブレイク後の心境、今後のビジョンとは?

――「うっせぇわ」が動画再生数はもちろん、ランキングを席巻するなど、大ヒットを記録しています。今の状況をどう捉えていますか?

【Ado】とんでもないことになったと思っています。YouTubeの再生回数もどんどん伸びて、完全に想定外と言いますか、「こんなに大きい存在になっていいのかな」と思ったり…ちょっとヘンな汗をかいています(笑)。いろんな方が「うっせぇわ」の歌ってみた動画を投稿してくれているのも嬉しいですね。私が知っている芸能人の方、クリエイターやインフルエンサーの方がカバーしてくれているのを見ると、「え、なんで!?」ってスマホを投げちゃったり(笑)。

――テレビやラジオのインタビューを受けることも増えていますね。

【Ado】メディアに出ている自分を客観視できないですね。小学生の頃、「歌い手になって、取材とか来たらどうしよう」って妄想していたんですけど(笑)、夢が叶って、不思議な気持ちです。生活面では特に変化はないですね。たまに友人が「すごいことになってるね」とLINEしてくるくらいで、これまで通り接してくれています。

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。