「このままだと彼氏に捨てられる…」コロナ禍の激太りで20キロ減量し、結婚をゲットしたの会社員「マーメイドドレスがきれいに着られた」(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

先ごろ、全身の適度な筋肉と夏らしい小麦色の肌の美しさを競うボディコンテスト『SUMMER STYLE AWARD(SSA)』の埼玉大会が開催された。コロナ禍の引きこもり生活で激太りし、恋人から捨てられる危機感から20キロの減量に成功した小林麻恵さん(32)は、「照明を浴びて注目されたい」と自慢のボディを披露した。

【全身写真】プリッと上がった美尻&美くびれ…20キロ減量した美しいボディを大胆披露

◆20キロ激太りで女としての魅力がなくなった…捨てられたくなくてジム通いを決意

――ボディメイクを始めたきっかけを教えてください。

【小林麻恵さん】 コロナ禍で仕事が休業になり、家からほとんど出なくなりました。朝からNetflix三昧で毎日お菓子をたくさん食べていたら激太りしました(笑)。彼氏がスポーツジムに通ってトレーニングをしていたのですが、仕事が終わって疲れていても、毎日ジムに通ってがんばっているなか、私はどんどん女としての魅力が失くなっているのを実感しました。“このままだと捨てられる…”という危機感から、同じジムに通うようになりました。

――コロナの激太りからどのくらい体重を落としましたか?

【小林麻恵さん】 一番太っていたときと比べて約20キロ減量しました。ジムに通い始めてから徐々に体重を落としていったのですが、コンテストに向けた最後の追い込み時期には、2ヵ月で5キロ減量しました。

――コンテストに出場することへのハードルはありましたか?

【小林麻恵さん】 パートナーが、以前からコンテストに出場していたので様子はわかっていました。もともとダンスをやっていたので、ステージに立ったり、人前に出たりするのが楽しくて大好きでした。照明を浴びて注目され、声援や拍手をもらうことを楽しみにしていました。コンテストで入賞できる選手になって、もっと目立ちたいです。

――20キロ減量すると見た目も変わると思いますが、身近な人から言われることはありましたか?

【小林麻恵さん】 「カッコよくなった」と同性に言われることが増えました。それまでは、「おもしろい」だったのに(笑)。おもしろい人やかかわいい人は、たくさんいるじゃないですか。でもカッコいい女性はそんなにいないので、すごく嬉しいです。もっとカッコいい人になりたいと思っています。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

美髪素


・白髪や抜け毛が気になりだした方に
・黒く艶やかで美しい毛髪にしたい方に

明朝時代の処方を基に作られた漢方薬です。

コメントは受け付けていません。