「まるで別人…」オンとオフの落差に反響、“隠し事”はしない主義「どちらも同じく私」(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

ときには撮影合間のオフショットや、事前準備中の写真などをSNSにアップして、コスプレの魅力・楽しさを教えてくれるコスプレイヤーたち。披露する“オフの部分”も魅力的に感じるが、今回は『オンとオフのビフォーアフター』『オフの小道具の収納』で楽しませてくれた2人に話を聞いた。

【写真】ビフォーアフターの衝撃…“昭和生まれ”…だけど、超キュートなJKコス!

■美麗な写真を多数アップも“隠し事”はナシ「どちらも同じく私」

 最初に紹介するのは「オンとオフの温度差で風邪引いてほしい」というコメントとともに、メイク前後の写真を並べてツイートしたコスプレイヤー・みはさん。飾らない姿を見せ、自然体でコスプレを楽しんでいる彼女だが、オフの姿を見せることに葛藤はなかったのだろうか?

 「改めて見てみると、なんで投稿しようと思ったんですかね(笑)。カメラを起動したときに、たまたま映った自分の顔があまりにも衝撃で、『この気持ちを他の人にも味わってほしい!』と思って、ノリでツイートしたような気がします。抵抗や葛藤はなかったですね。コスプレイヤーの中には素の状態や年齢を徹底して隠す人も多いですが、コスプレ後の姿も、コスプレ前の姿も、“どちらも同じく自分”だと思っているので。掲載することにしました」。

 昭和生まれであることも明かしている彼女は、コスプレと年齢の関係については持論がある模様。

 「年齢は関係ないと思っているので、いくつになっても着たい衣装があれば着るし、やりたいコスプレがあればやります。でもその一方で、年齢を気にしてコスプレを引退する人は大勢いる…というのもまた事実で。コスプレはあくまでも趣味ですし、第一に考えないといけないのは実生活なので、やむを得ない事情や環境の変化から引退を決意するのは、仕方のないことだと思います」。

 自身としては、「いつかコスプレを引退する」という考えは微塵もない様子。

 「環境の変化などでコスプレをやめることはあるとしても、年齢が原因でコスプレをやめることはないかなと思います。昔に比べて、今はオタク趣味が許容される時代になってきていますし、自分のペースでできる限り、続けていきたいと考えています。同じテンションで盛り上がれるレイヤー仲間がいる限り、そのときそのときを思いきり楽しみたいですね」。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

              「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。