「アバター」新作、日本公開日は12月16日! “究極のリアリティ”をとらえた場面写真7点披露(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

ジェームズ・キャメロン監督による「アバター」の最新作「アバター ウェイ・オブ・ウォーター」の日本公開日が、12月16日に決定。あわせて、美しいナヴィの少女が描かれたポスター、場面写真が披露された。

【フォトギャラリー】圧倒的な超現実!「アバター ウェイ・オブ・ウォーター」場面写真

 最新作の舞台は第1作目から約10年後、地球からはるか彼方の惑星パンドラの神秘的な世界。元海兵隊員のジェイク(サム・ワーシントン)はパンドラの一員となり、先住民ナヴィの女性ネイティリ(ゾーイ・サルダナ)と結ばれる。家族を築き、子どもたちと平和に暮らしていた2人だが、再び人類がパンドラに現れたことで神聖な森を追われ、未知なる“海の部族”の元へ身を寄せることになる。

 先日、特報が全世界で解禁されると、1日で約1億5000万回再生という圧倒的な記録を打ち出し、13年越しに進化を遂げた“アバター体験”に熱い関心が注がれた。日本でも圧巻の映像に対し「映像がすごく綺麗でこれ見ただけで泣いた」「半生をかけて待ち続けた作品。トレーラーだけで鳥肌」「ずっと待ってました!絶対映画館で観る!」「IMAX3Dで観た予告は本当に凄かった…期待出来そう」と反響が相次いだ。

 場面写真は、キャメロン監督が創造した世界の一端が垣間見え、エモーショナルに満ち溢れた物語を予感させる。静止画であっても、深淵なる海の拡がり、躍動感あふれる生物たちの息遣いが感じられる。キャメロン監督によって生み出された“究極のリアリティ”が確かに存在している。

 「アバター ウェイ・オブ・ウォーター」は、12月16日から全国公開。

【広告】

SUNMEDICAL

    バストアップ専門約20年、信頼の医薬部外品!

【DelaFierte】



コメントは受け付けていません。