「エール」最終回はまるで紅白歌合戦!驚きの演出に込められた思いとは?(シネマトゥデイ)

出典元:シネマトゥデイ

連続テレビ小説「エール」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか、土曜日は1週間の振り返り)が11月27日に最終回を迎える。そこでは「エール」コンサートと題して、人気キャラクターが総出演してのカーテンコールが行われることが明らかになった。最終回放送に先駆けて、チーフ演出を務めた吉田照幸が異例ともいえる試みへの思いを語った。

「エール」最終回!人気キャラクター総出演のカーテンコールに【写真】

 紅白歌合戦なども行われているNHKホールで収録された「エール」コンサート。主人公の古山裕一(窪田正孝)を司会に、メインキャラクターを演じたキャストたちが一堂に会して、モデルとなった古関裕而の代表曲を次々と披露する。楽曲は「とんがり帽子」「モスラの歌」「福島行進曲」「船頭可愛いや」「フランチェスカの鐘」「イヨマンテの夜」「高原列車は行く」「栄冠は君に輝く」「長崎の鐘」などがラインナップされ、劇中では歌唱シーンがなかった堀内敬子と吉原光夫もその歌声を披露する予定だ。

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。