「カウボーイビバップ」Netflix実写版の本編映像が初公開! キーアートもお披露目(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

Netflixで全世界独占配信される実写ドラマシリーズ「カウボーイビバップ」の本予告(https://www.youtube.com/watch?v=DJK8vmOZZPA)とキーアートが、このほど披露された。

【フォトギャラリー】Netflix実写ドラマシリーズ「カウボーイビバップ」場面写真

 1998年にサンライズの制作により放送されたSFアクションアニメ「カウボーイビバップ」を実写化。元ギャングのスパイク・スピーゲルら、惑星間航行船ビパップ号に集まった賞金稼ぎ“カウボーイ”たちの、太陽系を股にかけた活躍を描く。原作アニメの監督・渡辺信一郎が監修を務め、音楽を原作と同じく菅野よう子が担当している。

 スパイク役はジョン・チョウ(日本語吹き替え:山寺宏一)。そのほか、ビシャスをアレックス・ハッセル(日本語吹き替え:若本規夫)、フェイ・ヴァレンタインをダニエラ・ピネダ(日本語吹き替え:林原めぐみ)、ジュリアをエレナ・サチン(日本語吹き替え:高島雅羅)、ジェット・ブラックをムスタファ・シャキール(日本語吹き替え:楠大典)が演じている。

 予告編の冒頭では、一人たたずむスパイクの姿を活写。やがて、華々しい音楽とともに動き出すビバップ号。ジェット、フェイも登場し、ユーモアに溢れた会話、最新の映像美を堪能できるSFシーン、疾走感みなぎるアクションシーンが次々と繰り広げられていく。菅野の音楽が全編に響き渡る“圧巻の2分30秒”となっている。

 ドラマシリーズ「カウボーイビバップ」(全10話)は、11月19日からNetflixで全世界独占配信。

【広告】

【ファイテン公式】

 RAKUWA磁気チタンネックレスで

コリを緩和!




コメントは受け付けていません。