「ゴーストバスターズ」の新作ゲームは「間違いなく出る」俳優アーニー・ハドソンが語る(IGN JAPAN)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:IGN JAPAN

「ゴーストバスターズ」シリーズでメンバーのひとり、ウィンストン・ゼドモアを演じたアーニー・ハドソンが、「ゴーストバスターズ」の新作ゲームが「間違いなく出る」ことを認めた。
YouTubeチャンネル「Countdown City Geeks」でのパネルディスカッションにおいて、ハドソンはこう発言した。「新しくビデオゲームを作るというので、メールをもらったばかりなんだ。今レコーディングを計画しているみたいで、誰がやるのかはっきりとは知らない。たぶん私とダニー(ダン・エイクロイド)は出ると思う。ビリー(ビル・マーレイ)が関わるかはわからない。つまり、新しいビデオゲームが出るってことだ。いつ発売か? それはわからないけれど、間違いなく出るよ」

「ゴーストバスターズ/アフターライフ」画像・動画ギャラリー

この俳優によると、開発元は最近キャラクターのモデリングに取り掛かっているとのことだが、彼に正確に似せたキャラクターを実装するのに難航しているようだという。「きちんとしたイメージをつかむためにキャラクターのプロトタイプが送られてきたんだが、どういうわけか私の肖像を作るのに苦戦しているようでね。本当におかしな話なんだが、ビル・マーレイやダン・エイクロイド、ハロルド・ライミスはそっくりにできるのに、私はエディ・マーフィみたいな見た目になってしまうんだよ」

「ゴーストバスターズ」の新作ゲームに対してはファンから要望が寄せられていたにも関わらず、前回本格的なタイトルが発売されたのは2009年のことであり、その中でゼドモアを再度作り上げるためにハドソンの見た目と声が使われていた。このゲームは2019年にリマスターされたが、最近では「ゴーストバスターズ」は『フォートナイト』や『プラネットコースター』といったゲームに拡張コンテンツという形で登場していた。
10月には、Illfonic studioの共同創設者ラファエル・サディークが自身のスタジオで「ゴーストバスターズ」新作ゲームに取り組んでいることをうっかり明かしていた。しかし、現時点ではハドソンが関わっていると明かしたプロジェクトと、このプロジェクトをつなげるものは何もない状況だ。現時点でIllfonicが手掛けるゲームに関する情報はほとんどないが、同社が以前『フライデー・ザ・13th: ザ・ゲーム』および『Predator: Hunting Grounds』という非対称型マルチプレイヤーゲームを開発していたことは、今回のプロジェクトを予想する上での手掛かりになるかもしれない。

【広告】 更年期?

《経典薬方》知柏八味丸

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、     肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。