「シン・仮面ライダー」一文字隼人/仮面ライダー第2号は柄本佑!(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

庵野秀明監督がメガホンをとる「シン・仮面ライダー」に俳優の柄本佑が出演し、一文字隼人/仮面ライダー第2号に扮していることが1月1日午後7時30分に発表された。

【写真】「シン・仮面ライダー」1号&2号揃い踏み

 「シン・仮面ライダー」は、1971年に「仮面ライダー」放送から50周年の記念日となる21年4月3日に製作されることが公になった。同9月30日には、主人公となる本郷猛/仮面ライダーを池松壮亮、ヒロイン・緑川ルリ子を浜辺美波が演じることが会見で明らかとなり、大きな話題になった。

 この日は、72年1月1日午後7時30分に放送された「仮面ライダー」第40話「死斗!怪人スノーマン対二人のライダー」で、仮面ライダー1号と2号が初めて揃い踏みしてから50年後ということになる。「シン・仮面ライダー」を担う池松、柄本、浜辺の3ショット画像も初公開さえた。

 今作は、仮面ライダーの生誕50周年を記念した「シン・仮面ライダー」は、71~73年に全98話が放送され、1号&2号とショッカーの戦いを描いた「仮面ライダー」をベースにしたオリジナル作品で、庵野監督が自ら脚本を書き下ろしている。「シン・仮面ライダー」は、2023年3月に公開。なお、柄本のコメント全文は以下の通り。

■柄本佑

仮面ライダー第2号を、自分が、、、?決まった時の正直な感想です。
そんな実感のないところから衣装を合わせたり、小道具を決めたりしていくうち、「なるほど仮面ライダー第2号をやるとはこういうことか」と段々実感が湧いてきて、かつ緊張も高まっていきました。準備をしながらとにかく感じるのはオリジナル仮面ライダーの美しさ、知的さ、カッコ良さです。撮影は、一筋縄ではいかない庵野監督のもと傑作オリジナル仮面ライダーを現代に生き返らせるプレッシャーと闘いながら進められました。自分でも想像のつかないカットがそこかしこにちりばめられています。
ご期待いただければと思います。

【広告】 更年期?

《経典薬方》知柏八味丸

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、     肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。