「ジャッジアイズ」新作『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』が発表!(IGN JAPAN)

出典元:IGN JAPAN

セガ・龍が如くスタジオの最新作『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』が発表された。本作は2018年の『JUDGE EYES:死神の遺言』の続編にあたる。
『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』は2021年9月24日、PS5/PS4/Xbox Series X/Xbox One向けに世界同時発売予定(Xbox系列はデジタル版のみ)だ。通常版の価格は9119円(税込み)となる。

前作同様、木村拓哉演じる私立探偵の八神隆之が主人公を務め、ジャンルも同じ「調査アクション」をフィーチャーしたリーガルサスペンスアクションが続投される。
前作と同じ東京・神室町に加え、『龍が如く7 光と闇の行方』の舞台の1つでもあった横浜・伊勢佐木異人町がメインも舞台として加わる。本作の重要なロケーションのである「高校」もこの横浜にあり、廊下から教室や体育館まで探索できる模様。

本作は龍が如くスタジオの発表イベントで発表され、現在はYouTubeにてアーカイブを視聴できる。5分に及ぶティーザートレーラーでは一回り進化したビジュアルが楽しめ、本作のストーリーの概要がわかる内容となっている。トレーラーは2021年12月の東京地方裁判所から始まり、八神以外にもお馴染みのキャラクターが何人か登場する。
アクションバトルはパワーアップしており、前作にもあったアクロバティックな「円舞」、連続攻撃でタイマンに有効な「一閃」という2種類のバトルスタイルに加え、敵の攻撃を受け流す「流」という新たなバトルスタイルが加わる。

「調査アクション」も進化しており、「尾行」、「チェイス」、「変装」に加え、今作では「アスレチック」、「スティール」、「盗聴」といったアクションが新たに加わる形となる。映像やスクリーンショットでは様々な手を使って、神室町と伊勢佐木異人町を自由自在に駆け巡る八神を確認できる。

八神は事件を追うため、高校に潜入することになるが、ここで「ユースドラマ」という再度コンテンツが登場する。ボクシングからダンスまで、生徒たちとの交流が楽しめ、メインストーリーとは異なるテイストのストーリーになっている模様。

『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』についてもっと詳しく知りたい人は公式サイトを確認してほしい。

【広告】

おいしく・楽しく

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。