「パーフェクト・レボリューション」リリー、水道橋博士の「バカ映画」発言にニンマリ(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

[映画.com ニュース]実話を基に、ハンディキャップを持つ男女の恋愛を描いた「パーフェクト・レボリューション」(公開中)の公開記念トークイベントが10月11日に都内で行われ、主演を務めるリリー・フランキーが、親交が深いお笑いタレントの水道橋博士(浅草キッド)と共に本作の魅力を語った。

「パーフェクト・レボリューション」トークイベントの模様はこちら!

 障がい者の性への理解を訴え続ける活動家、“クマ”こと熊篠慶彦氏の実体験をもとにしたラブストーリー。脳性マヒを抱え、手足を思うように動かせず車椅子生活を送るクマ(リリー)と、心に問題を抱えた風俗嬢のミツ(清野菜名)が恋に落ち、周囲の反対をものともせず、幸せをつかむことで「完璧な革命」を成し遂げようとする。

 長年の付き合いから、リリーが「博士、こういう映画は嫌いだと思っていた」と明かすと、博士は「いや、結構なバカ映画(笑)。普通だったら、ドキュメンタリーにすればいいのに、でもエンタメ作品にしてもいいんじゃないかという選択肢を提示している」と独特の言い回しで絶賛。

 さらに「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」「テルマ&ルイーズ」といった名作を挙げ、「普通に青春映画の砕け散っている感じがするし、決してパーフェクトにはいかない生活や人生の壊し方とか、あこがれる部分もある」と話していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。