「ベニスに死す」の美少年、ビョルン・アンドレセンの衝撃の真実 ドキュメンタリー「世界で一番美しい少年」12月17日公開(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

ルキノ・ビスコンティ監督作「ベニスに死す」(71)で主人公を破滅に導く少年タジオを演じた、ビョルン・アンドレセンの衝撃の真実を描いたドキュメンタリー「The Most Beautiful Boy in the World」(原題)が、「世界で一番美しい少年」の邦題で12月17日から公開される。

ビョルン・アンドレセン出演作品一覧

 “世界で一番美しい少年”として一大センセーションを巻き起こしたのは、巨匠ビスコンティに見出され、映画「ベニスに死す」のタジオ役に抜擢された当時15歳のアンドレセン。同作は1971年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され「25周年記念賞」を受賞、日本でも高い評価を得て長年に渡り多くの人に愛され続ける名作だ。

 その容貌と圧倒的な存在感で同作を強く牽引したアンドレセンは、同作の日本公開年などに来日、CM出演などの芸能活動も行い、日本のカルチャーに大きな影響を及ぼした。劇中、マンガ「ベルサイユのばら」の作者・池田理代子氏が、彼が主人公“オスカル”のモデルであったという事実を明かす。そして50年後、かつて伝説のアイコンまでになった彼は、日本でも大ヒットしたアリ・アスター監督作「ミッドサマー」(19)の老人ダン役を演じ、話題を集めた。

 映画では、アンドレセンが、熱狂の“あの頃”に訪れた東京、パリ、ベニスへ向かい、ノスタルジックにして残酷な、自らの栄光と破滅の軌跡をたどる。“世界一の美少年、タジオ”を探すために壮大な規模で行われたオーディションなど「ベニスに死す」の裏側、“世界で一番美しい少年”と呼ばれその後の人生を運命づけられてしまったひとりの人間の栄光と破滅、そして心の再生への道のりを豊富なアーカイブ映像と共に描き出す。

 12月17日からヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか全国で順次公開。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(防屑配方)


・毛髪に残るフケが気になる方に
・健康的な頭皮と毛髪を維持したい方に

フケ防止用シャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。