「マトリックス4」にクリスティーナ・リッチが出演(映画.com)

出典元:映画.com

全世界待望の「マトリックス4(仮題)」に、クリスティーナ・リッチが出演していることがわかった。

 このほど製作、配給の米ワーナー・ブラザースが配布した最新のプレス資料にリッチの名前が記されていたことで明らかになったが、役どころは不明だ。リッチは「スピード・レーサー」(2008)に出演しており、ラナ・ウォシャウスキー監督とは久々のタッグとなる。

 子役時代に「アダムズ・ファミリー」で注目を集めたリッチは、「キャスパー」「Dearフレンズ(1995)」などを経て、大人の女優に成長。これまで、「バッファロー'66」「ラスベガスをやっつけろ」「スリーピー・ホロウ」「モンスター」などで活躍。最近は、実在の殺人鬼を題材にした「リジー・ボーデン 美しき殺人鬼」や「ゼルダ すべての始まり」などテレビドラマを中心に活動している。

 なお、「マトリックス4(仮題)」の脚本は、ウォシャウスキー監督がアレクサンダル・ヘモン(「センス8」)とデビッド・ミッチェル(「クラウドアトラス」原作者)と共同で執筆。ウォシャウスキー監督とグラント・ヒルがプロデューサーを務めている。

 「マトリックス4(仮題)」は、12月22日から全米公開予定。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。