「ワンダヴィジョン」エリザベス・オルセン、マーベル社長への厚い信頼(シネマトゥデイ)

出典元:シネマトゥデイ

マーベルの実写ドラマシリーズ「ワンダヴィジョン」(1月15日日米同時配信)でタイトルロールのワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチを演じるエリザベス・オルセンが、出演に対する心境や、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品の舵を取るマーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギについて語った。

【動画】「ワンダヴィジョン」予告編

 『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界が舞台となる「ワンダヴィジョン」は、幸せな生活を送るワンダ(エリザベス)とヴィジョン(ポール・ベタニー)の日常に隠された“謎”が剥き出しになっていくドラマシリーズ。本作の物語は、2022年3月に全米公開する『ドクター・ストレンジ』続編に直結すると言われており、新たに始動するMCUフェーズ4においても重要な一本となる。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。