「今年こそはみんなで笑って年を越せたら」朝倉海、トーナメント優勝&念願の大みそか勝利へ準備OK 視聴率も狙い撃ち!(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

大みそかにフジテレビで放送される格闘技『RIZIN.33』(後6:00~11:45)。メインイベントでは「バンタム級トーナメント」決勝が行われるが、その大本命として圧倒的な支持を集める朝倉海(28)が、試合直前にORICON NEWSの独占インタビューに応じた。今年1年にわたって行われたトーナメントの集大成となるが、優勝のためには準決勝と決勝の2試合に勝利しなければならない。過去2年の大みそかのメインを務めながら勝利で締めくくることができなかっただけに、「今年こそは」と必勝を誓う強い決意をじっくり聞いた。

【インタビュー動画】『RIZIN.33』試合直前の心境を明かす朝倉海

■“大本命”として見られ続けた2021年 そのプレッシャーで「すごく成長できた」

――試合直前、現在の心境は?

【海】やることはしっかりできたので、あとは試合が楽しみです。

――対戦相手の瀧澤謙太選手の印象は?

【海】空手ベースなので打撃が強く、蹴り技が多彩な選手という印象ですが、打撃レベルはそこまで脅威に感じていません。パワー・スピード・テクニック、全て僕の方が一枚上手なので、問題ないかと。打撃戦になると思いますが、1ラウンドで僕がKOします。

――今年はこれまで2試合ですが、もっと試合がしたかった?

【海】十分ですね。大みそかで2試合やって年に4試合やったらだいぶ働いているので、これ以上は勘弁です(笑)。

――昨年は王者として、今年はトーナメント参加者としての試合ですが、心境の違いはある?

【海】僕としては、優勝しなければならないトーナメントだったので、自分の中ではこのトーナメントは挑戦でした。“大本命”として注目され続けたことにプレッシャーや気疲れした部分も多少あったけど、そのプレッシャーが自分の背中を押してくれたというか、そう言われてるからには勝たなきゃいけないということで、キツい練習にも耐えられましたし、より自分を追い込むことができました。結果的にすごく成長できた1年になったと思います。

――“3年連続大みそかメイン”となると、格闘技レジェンドの桜庭和志さんと並ぶ偉業です。過去2年は敗れているだけに、今年こそは勝利という思いは強い?

【海】もちろんです! この1年間の一番の目玉がバンタム級トーナメントだと思うので、その最終回として大みそかは3年連続で僕がメインを張って、今年こそは必ず勝って締めくくりたいです。2年連続で応援してくれるファンの方を泣かせてしまっているので、今年こそは、もちろん僕も含めてみんなで笑って年を越せたらなと。

――今回は約3万人のお客さんが詰めかける満員の会場となります。大観衆はモチベーションとなる?

【海】自分の後押しになりますね。満員の会場で戦えることが久しぶりなので、すごくうれしいです。

――フジテレビで中継されますが、視聴率も意識する?

【海】もちろん、テレビ放送はやっぱり視聴率を取りたいですし、自分の試合で一番を狙います。

――去年の大みそかから、一番成長したところは?

【海】全部が成長していると思うので、どれが一番かというのは自分ではわからないですけど、本当に1年前とはすべてにおいて別人なくらい強くなっているので、いろんな局面で成長した部分を見せられるかと思います。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。