「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」観客動員120万人突破! 興行収入は17億円(アニメ!アニメ!)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:アニメ!アニメ!

現在、公開中の映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の観客動員数が11月8日付で、120万人を突破。興行収入が17億円を記録した。

関連画像を見る

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、2018年に放送された京都アニメーションによるTVアニメ。情緒あふれる豊かな世界観と登場人物の繊細な心情描写が話題となった。
2019年9月には外伝である『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-』が3週間限定で劇場公開された。そして、シリーズ最終作となる完全新作『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が、2020年9月18日より公開されている。

映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の11月8日付けでの観客動員数は1,232,458人、興行収入は1,755,658,600円を記録した。また、全国152館で公開・公開8週目を迎えた週末の動員ランキングは、引き続きTOP10にランクインしている。
なお、11月13日より、数量限定描き下ろし「エカルテ島からのハガキ」追加入場者プレゼントの配布がスタート。また、日本初となる新作劇場用アニメーションのドルビーシネマ上映も開始する。

映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、全国の劇場にて公開中。

(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

【広告】

↓  ↓  ↓


コメントは受け付けていません。