「劇場版 舞台『刀剣乱舞』」第4弾「天伝 大坂冬の陣」が4月、第5弾「无伝 大坂夏の陣」が5月に上映決定(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

舞台「刀剣乱舞」を映画館で上映する「劇場版 舞台『刀剣乱舞』」の第4弾「劇場版 舞台『刀剣乱舞』天伝 蒼空の兵 大坂冬の陣」と、第5弾「劇場版 舞台『刀剣乱舞』无伝 夕紅の士 大坂夏の陣」の公開日が決定した。発表に合わせて、プロジェクトムービーやキービジュアルなどが公開されている。

 舞台版「天伝」は2021年1~3月、「无伝」は同年4~6月にそれぞれ上演。名刀の付喪神である刀剣男士たちが、徳川と豊臣が激突して戦国時代最後の戦いとなるはずの「大坂の陣」の影で暗躍する歴史修正主義者に立ち向かっていく姿を、「夏の陣」「冬の陣」の全2部で描いた。

 劇場版「天伝」は4月1日、「无伝」は5月9日から各3週間限定上映。両作品ともに、22台の劇場版専用カメラで撮影された映像を、舞台版で脚本・演出を務めた末満健一監修のもと、劇場スクリーン用に再編集した。チケット料金は各2600円均一で、「天伝」では入場者特典として、本編映像を映画用の35ミリフィルムに現像し、5コマごとにカットした「限定生フィルム」がランダム配布される。

 プロジェクトムービーには、両作品のハイライトシーンを収録。キービジュアルは舞台版と同じく、「天伝」は一期一振(演:本田礼生)ら7振、「无伝」は三日月宗近(鈴木拡樹)ら8振りの刀剣男士が集結したものとなっている。さらに「天伝」の予告編も公開された。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。