「子どもが産めない…」専業主婦にガン宣告、“最期”を共にするのは夫? 別の男性? 「限りある命だからこそ、前を向いて」(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

人生の時間は有限だ。もし定期健診でガン宣告されたとしたら…。夫とのすれ違い生活に悩む専業主婦が突き付けられた命の最期。そんな一人の女性の選択を描いたLINEマンガのオリジナル作品『最期の夜はあなたと』、作者のなつまろ。さんへ作品に込めた思いを聞いた。

【漫画】「今は余裕ないかな~」妊活に後ろ向きだった夫、妻の「子宮摘出」への反応は?

■自身の経験や昨今のニュースから考えた「命の限り」

 人気作『あなたの愛が、毒だとしても。』に続き、LINEマンガでは2作目となる、なつまろ。さんの最新作『最期の夜はあなたと』。本作では、主人公が「幸せな最期を迎えるまで」をテーマにストーリーを描いているという。結婚生活5年目の専業主婦・穂乃果は、夫の弘之とすれ違いも増え、子作りも思うように進まない。そんな中、定期検診で子宮頸がんを宣告されてしまう。現代女性が抱える悩みを一気に背負ってしまった穂乃果。冒頭から訪れる怒涛の展開に、作者は何を込めたのか。

――夫とのすれ違いやセックスレスによる進まない妊活だけでも、女性にとってはつらい状況かと思いますが、そこに加えて命や病をテーマにした作品を描こうと思ったきっかけを教えてください。

【なつまろ。さん】周囲の人が亡くなったり、病気になったりすることがあり、『自分の残りの人生はあとどのくらいか』を考えるようになりました。また、死は誰にも平等に、いつ訪れるか分からないものだと考えるようになり、同時に、人生の終わりが近付いたとき、人はどんな選択をするのか、描きたくなりました。

――妊娠を望む女性にとって、婦人科の病気が発覚するのは、非常に深刻なことかと思います。なかでも、「子宮頸がん」という病気を扱った理由は?

【なつまろ。さん】私自身は子宮頸がんを罹ったことはありませんが、周囲に手術をされたり亡くなった方もいて、女性にとってとても身近な病気だと感じています。この作品を読んだ方が検診を受けるきっかけになれば良いなと思い、子宮頸がんを扱いました。

――穂乃果は、がんの進行状況により子宮摘出を選択せざるをえなくなり、子どもを産めない体になります。非常にセンシティブな内容ですが、それを扱うことに“怖さ”はありましたか?

【なつまろ。さん】確かに女性にとって、とてもセンシティブな内容だと思います。穂乃果と同じ境遇の方がこの作品を読んで傷ついてしまわないか、怖い気持ちはありました。

――先ほど「読者が検診を受けるきっかけになれば…」というお話もありましたが、同じような境遇の人や若い世代など、読者から反響はありましたか?

【なつまろ。さん】『がん検診に行こう』というコメントや病気についてのコメントを複数いただいております。実際子宮頸がんを経験された方のコメントもあり、不安な日々を過ごされているという方もいらっしゃいました。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

              「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。