「広島VS関西は不毛な論争」広島県民の味『オタフクお好みソース』が70周年 当初は関西進出苦戦も今や大阪でシェア4割に(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

広島県民のソウルフード・お好み焼きの定番ソースとして親しまれる『オタフクお好みソース』が、誕生から70年を迎える。その製造販売をするオタフクソースは広島を超えて全国、そして世界へと「お好み焼き文化」の普及に邁進している企業だが、もう1つの本場である「関西お好み焼き」とはどのように向き合ってきたのか。また広島とお好み焼き、そしてオタフクソースの歴史に込められた平和への願いについても聞いた。

【画像】“爆弾ソース”といわれた初期のボトル! 戦前子どものおやつとして親しまれた「一銭洋食」も

◆戦後の食糧難時代に生まれた広島お好み焼、垂れ落ちない濃厚で粘度の高いソース開発に尽力

 オタフクソースの前身は1922年に創業された佐々木商店。今年で100周年を迎える広島の老舗企業。醤油類の卸と酒の小売業だった佐々木商店では商品を売るだけでなく、客の要望に応じて独自で商品をブレンドすることもあったという。この技術が1938年に発売された最初のオリジナル商品である「お多福酢」の開発につながる。

「商品名には『食を通じて多くの福を届けたい』という創業者の思いが込められました。ところが1945年、原子爆弾の投下によって店も酢の醸造工場も全焼してしまいます」(オタフクホールディングス 広報部・大内康隆さん)

 焦土と化した広島だが、ほどなく立ち上がった人々の間で新たな食文化が生まれる。

「広島お好み焼きのルーツとされるのが、水で溶いた小麦粉の生地をクレープのように薄く伸ばして焼き、その上に具を乗せ、半分に折ってソースをかけた『一銭洋食』です。戦前は子ども向けのおやつだったこの『一銭洋食』をベースに、戦後の食糧難の時代に生まれたのが、具をボリューム満点にして腹持ちよく工夫した広島お好み焼きです」

 関西の「(具材を混ぜ込んで焼く)混ぜ焼き」とは見た目も調理法もまったく異なる「(具材を重ねて焼く)重ね焼き」スタイルがソウルフードとして発展したのはこうした背景があった。

「広島は重工業が盛んで、鉄板が庶民の手に入りやすいものでした。また戦後にはアメリカ軍の救援物資として小麦粉が多く配給されました。爆心地から近い新天地広場(現在のアリスガーデン付近)には、多数のお好み焼き屋台が軒を連ね、やがて広島の町の復興とともにお好み焼き屋として独立。『これからの時代は洋食文化がくる』という知人のアドバイスを元に佐々木商店では、終戦から5年後の1950年よりソースの製造販売を始めています」

 濃厚な風味とねっとりとした粘度が特徴の『オタフクお好みソース』が誕生したのは1952年のこと。それまで製造販売されていたのは当時の主流だったウスターソースだったが、「円盤状のお好み焼きにかけると垂れ落ちてしまう」ことから開発を重ね、生み出されたのが「お好み焼きに特化したソース」だ。

【広告】

                              SUGAR BISKET

大人可愛いアパレル&シューズを

お手頃プライスで豊富に取り揃えました!

お気に入りのアイテムがきっと見つかる♪

 

コメントは受け付けていません。