「東京リベンジャーズ」4月放送開始 新祐樹、林勇、和氣あず未らメインキャストや第1弾PV発表(映画.com)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:映画.com

和久井健氏の人気漫画「東京卍リベンジャーズ」をテレビアニメ化する「東京リベンジャーズ」の放送開始時期が4月に決定し、メインキャストやスタッフが明らかになった。第1弾プロモーションビデオも公開されている。

 原作は「週刊少年マガジン」(講談社刊)で連載。人生どん底のダメフリーター・花垣武道(タケミチ)は、中学時代に付き合っていた橘日向(ヒナタ)が、悪党連合「東京卍會」に殺されたことを知る。その後、何者かによって駅のホームから突き落とされ、中学生時代にタイムリープしてしまったタケミチは、ヒナタを救うべく過去と現在を幾度となく行き来しながら「東京卍會」の中で成り上がっていく。北村匠海主演の実写映画版が今年公開される。

 タケミチ役には「最響カミズモード!」の新祐樹が抜てきされた。「東京卍會」総長の佐野万次郎(マイキー)を林勇、副総長の龍宮寺堅(ドラケン)を鈴木達央、ヒナタを和氣あず未、ヒナタの弟でタケミチがタイムリープするきっかけになる橘直人(ナオト)を逢坂良太が演じる。

 監督には「デッドマン・ワンダーランド」の初見浩一を迎え、シリーズ構成を「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」のむとうやすゆき、キャラクターデザインを「ゴールデンカムイ」の大貫健一と「逆転裁判 その『真実』、異議あり!」の太田恵子が担当。アニメーション制作は、「無限の住人-IMMORTAL-」のライデンフィルムが行う。

 各キャラクターの声を収録した第1弾PVは、タイムリープしたタケミチがナオトの手を取った瞬間、電光が走るシーンからスタート。「不良の時代を作る」と豪語するマイキーとの出会いや、不良との決闘を経て、傷だらけのタケミチがヒナタを救う決意を固める姿が描かれている。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。