「第39回 横浜市招待国際ピアノ演奏会」24年ぶりに神奈川県立音楽堂にて開催(チケットぴあ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:チケットぴあ

才気あふれる若きピアニストたちが出演する「第39回 横浜市招待国際ピアノ演奏会」が11月6日(土)、神奈川県立音楽堂にて開催される。

【画像】桑原志織

世界中から将来を嘱望される才能を発掘し、広く紹介することを目的に1982年より開催されている「横浜市招待国際ピアノ演奏会」。今年も世界の名だたるコンクールで優勝・入賞を果たした4人のピアニストを紹介する。

登場するのは、桑原志織、ケイト・リウ、ダニエル・チョバヌ、ジャン・チャクムル。難関として知られるルービンシュタイン国際ピアノコンクールで今年5月に第2位を受賞した桑原は、ブゾーニ編曲によるバッハの〈シャコンヌ〉を披露する。また、ショパン・コンクール第3位のリウはショパン《バラード第1番》と、定評のある選曲を。チョバヌは《展覧会の絵》、チャクムルは《クライスレリアーナ》と、様々な楽想を持つ大曲を選曲。それぞれの持ち味を生かしたプログラムを披露する。なおチョバヌはヤマハ独自の高精度デジタル制御システムによって繊細な鍵盤タッチやペダルの動きを極めて正確に再現できる自動演奏機能を搭載したハイブリッドピアノ「DisklavierTM」を使用し、リモートで出演するとのことだ。

横浜みなとみらいホールは大規模改修工事による休館中のため、1982年から1997年まで主会場だった県立音楽堂で今年は開催される。24年ぶりに古巣での開催となる「横浜市招待国際ピアノ演奏会」で世界から注目されるピアニストたちの演奏に酔いしれよう。

第39回 横浜市招待国際ピアノ演奏会
日時:2021年11月6日(土) 開場 15:30 開演 16:00
会場:神奈川県立音楽堂
出演:桑原志織(日本)、ケイト・リウ(アメリカ)、ダニエル・チョバヌ*(ルーマニア)、ジャン・チャクムル(トルコ)
*DisklavierTMによるリモート出演

【広告】 更年期?

《経典薬方》全鹿滋腎丸

<

・体のだるさ、痛みを感じる方に
・眠りが浅い、眠れないと悩んでいる方に

腰や膝を始めとする身体機能の衰えやだるさ、      睡眠の質などの改善に

コメントは受け付けていません。