「美醜から離れたところで生きたい」美容整形に700万かけた女性がコンプレックスを乗り越えた先に見つけた新たな夢(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

容姿に悩み総額700万円の美容整形をしたというseinaさん。義理の母からの虐待によって、自分を認められなくなり、引きこもり、うつ病、過食に陥ってしまい、自己肯定感が低いまま成長していったという。そんな彼女が700万円の整形によって、容姿へのコンプレックスから解放された過程を告白した前回の取材は大きな反響を呼んだ。しかし昨年末、突如ブログで「美容整形からの卒業」を発表。その真意を聞いた。

【画像】一重、存在感のあるアゴ、マックス体重68kg…衝撃の整形前写真 顔も身体も驚異の変貌を遂げたseinaさん

■「過剰な欲望は毒になる」美容整形の発信を辞めた理由

「私にとってコンプレックスとは『人生をうまく歩めない足枷』であり、『自分を変える原動力』にもなった」

 と話すseinaさん。長い間、「『私はブサイクだから愛されないのだ』『価値がないのだ』というネガティブな決めつけ」に苦しんだという。それは義理の母から虐待を受けた環境だけでなく、外見的なコンプレックスもより苦しみを深くしていった。

「他人の目線や評価が過剰に気になる。いつも自信がない。理想の自分になりきれていない、自分への不満。自分に対して肯定的な気持ちになれないまま、24歳くらいまで過ごしました。自己肯定感が著しく低かったのでしょう。

 顔や体型を含めた自分の容姿が常に気になり、四六時中と言ってもいいくらい嫌悪している状態でした。『細くなければならない』という痩せ願望もコンプレックスを強くさせ、過食を悪化させていた要因になっていたと思います」

 初めて美容整形を体験したのは12歳。2年後の14歳には、天涯孤独となるものの父の遺産と成人後、夜職で稼いだお金で整形費用を貯め、鼻や目の整形を繰り返していった。ようやく自身の中で納得のいく顔になれた時には24歳のころ。年の差婚したパートナーとの出会いもあり、精神的に安定。自身の整形体験を中心にライター、カウンセラーとして活動してきた。しかし、昨年11月に「美容整形からの卒業」と題したブログを発表する。

「整形の発信をやめた理由は、大きくわけて2つあります。一つは整形の情報発信をする責任。二つ目は美醜からの脱却。長らく、ブログやツイッターで美容整形の情報を誰にでも読める形で提供してきましたが、情報発信の責任が胸に引っかかっていました。簡単にいえば、私が整形の情報発信をしたことで、手術をうける人が増えたのです。

 たとえば、骨切りは顔の変化が大きい分、リスクも大きくなります。顔を大きく変え、人生を左右する可能性のある整形。それをうける人が増えるなんて、とても怖いことです。よい方向に変わる人もいれば、表にでないだけで悪い方向に変わる人もいるだろうと想像できます。

 また、美醜から一歩離れたところで生きていきたいとは、ずっと考えていました。整形に関わっていると美しくなりたい自分の欲望、他人の欲望とも接することになります。女性として最低限、美しくありたい気持ちはあります。完全に手放したわけではありません。

 ただ、過剰な欲望は毒になります。今後の人生を考えると、別の生き方をした方が自分のためになると思い、整形から離れる決断をしました」

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

                                    <U-NEXT>

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。