「裏ゾッキ」本予告公開! 松井玲奈がナレーション、竹原ピストルが主題歌を担当(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

竹中直人、山田孝之、齊藤工が監督を務める映画「ゾッキ」(公開中)の舞台裏に迫ったドキュメンタリー映画「裏ゾッキ」が、5月に公開されることが決定。あわせて本予告編も披露され、「ゾッキ」キャストの松井玲奈がナレーション、竹原ピストルが主題歌「全て身に覚えのある痛みだろう?」を提供していることがわかった。

【動画】ひとつの映画とともに重なり合った人々の現在進行形の記録「裏ゾッキ」予告編

 竹中、山田、齊藤が共同監督として一丸となり、大橋裕之氏の初期傑作集「ゾッキA」「ゾッキB」を映画化。舞台演出家で劇作家の倉持裕が、原作に収録されているいくつかのエピソードを織り交ぜて構成し、脚本を執筆。ありふれた日常で巻き起こる、不思議な笑いに包まれた物語が紡がれる。大橋氏の故郷である愛知・蒲郡市で撮影が敢行された。

 8年前から映画誘致の活動を続けてきた蒲郡市にとって、「ゾッキ」は念願の作品となった。「裏ゾッキ」では、蒲郡市民がはじめての映画制作に奮闘する姿、竹中監督、山田監督、齊藤監督をはじめとする映画製作者の情熱、プロフェッショナルな仕事を切りとり、映画作りの苦悩と喜びを映し出していく。

 「裏ゾッキ」は、新型コロナウイルスの影響を受けている。「ゾッキ」の看板やのぼりが彩られ、映画が来ることでポジティブに変化してきた街には暗雲が……。突きつけられたのは“いま、映画は必要なのか?”という問いだ。監督陣も、当たり前にあった映画の存在を改めて考えることになった。そんな苦境の中でも、「ゾッキ」の公開に向けて献身的にPRを続ける蒲郡市民たち。この状況下で何に悩み、どう考え、実行していくのか。図らずも公開ギリギリまで答えの出ない、時代を映し出すドキュメンタリー映画になった「裏ゾッキ」。取材は現在でも続いている。

 撮影、編集、監督を務めたのは、篠原利恵。2013年、テレビマンユニオンに参加し、以後NHK、ザ・ノンフィクションなど、テレビドキュメンタリーを多数手がける。16年、韓国のネット依存症治療に焦点を当てたドキュメンタリー「ドキュメンタリーWAVE/子どもたちのリアルを取り戻せ 韓国ネット依存治療最前線」でATP優秀新人賞を受賞。元受刑者、選択的シングルマザー、時代遅れのロックンローラー、大相撲界など、社会のなかで一見“異質”とされる人や場所に入り込み、取材することを興味としている。

 「複雑な世界を、複雑なまま伝えたいと思いました」という篠原監督。松井にナレーションを依頼した理由は「松井さんの持つ多面性に惹かれてのことです」と明かす。「水のように柔らかく、不思議に対して無邪気に驚き、かつ強い気持ちを感じさせる存在感。映画『ゾッキ』でもただひとり、2つの役を演じられています。映画と町、その両方に向き合ってきたこのドキュメンタリーを語りつぐ声にぴったりだと感じました」と語っている。

 一方、竹原の主題歌「全て身に覚えのある痛みだろう?」との出合いは「昨年の春、新型コロナウイルスが全国に爆発的に広がり始めたときのことでした」と告白。「夢のようだったゾッキの撮影が終わり、ひとりカメラを持って蒲郡の町を歩きながらこの曲を聴いた瞬間のことを、いつまでも忘れないでしょう。竹原さんの歌は、無責任に前向きなことを言わない。どんな結末になっても、この曲をゴールにしようと決め、今も取材を続けています」とコメントを寄せている。

 「裏ゾッキ」は、5月から全国順次公開。

【広告】

スノーボードウエアの激安・通販

モデルが作った激カワスノボウェアで

ゲレンデ注目の的



コメントは受け付けていません。