「追悼上映 ジャン=ルイ・トランティニャン」ル・シネマで開催 「トリコロール 赤の愛」 「男と女 人生最良の日々」上映(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

6月17日に91歳で逝去した仏俳優・ジャン=ルイ・トランティニャンさんの偉業に敬意を表した「追悼上映 ジャン=ルイ・トランティニャン」が、7月1日から渋谷・Bunkamuraル・シネマで開催される。

【フォトギャラリー】「トリコロール 赤の愛」 「男と女 人生最良の日々」場面写真

 トランティニャンさんは、1989年当時Bunkamuraル・シネマの開館を飾るオープニング作品となった「遠い日の家族」(85)をはじめ、「トリコロール 赤の愛」(94)、「愛、アムール」(12)、そして惜しくも遺作となった「男と女 人生最良の日々」(19)と、ル・シネマで上映した数多くの作品に出演。今回上映されるのは、アカデミー賞で監督賞、脚本賞、撮影賞の3部門ノミネートを果たした、ポーランドの名匠クシシュトフ・キエシロフスキー監督の「トリコロール 赤の愛」(94)、そして不朽の名作「男と女」(66)のスタッフ&キャストが再結集した続編で、トランティニャンさんの遺作となった「男と女 人生最良の日々」(19)の2本。

 また、同館で8月5~25日開催の「没後40年 ロミー・シュナイダー映画祭」でも、トランティニャンさんが出演する「離愁」(73)と「華麗なる女銀行家」(80)を上映予定だ。膨大なフィルモグラフィを通じて、常に印象的な姿を見せてくれたトランティニャンの姿を、スクリーンで偲ぶ貴重な機会となる。

▼「追悼上映 ジャン=ルイ・トランティニャン」スケジュール

「トリコロール/赤の愛」 ◆7月1日(金)~7月7日(木)特別上映 …19:35~(終)21:30
「男と女 人生最良の日々」 ◆7月8日(金)~7月14日(木)特別上映 …12:35~(終)14:20
<料金>各作品1200円均一(税込) ※特別興行につき各種割引適用外
<会場>Bunkamuraル・シネマ(https://www.bunkamura.co.jp/cinema/)

(C)1994 MK2 Productions / France 3 cinema / CAB Productions / Film studio TOR
(C)2019 Les Films 13 – Davis Films – France 2 Cinema

コメントは受け付けていません。