「電車の中で突然涙が…」パニック障害に適応障害…なんで私が? 経験した漫画家たちが明かす“心の病”との向き合い方(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

コロナ禍の影響もあり、メンタルの問題に目を向ける機会が増えた昨今。芸能人が心の病を公表することも多く、「誰でもなりうるものだ」ということを改めて感じた人も多いだろう。今年、ORICON NEWSで紹介したメンタルにまつわる漫画作品にも、大きな注目が集まった。パニック障害と12年にわたり闘ってきたクロバさん(@kuroba_hiroba)、適応障害を克服した乃樹愛(のきあ)さん(@NokiaProduction)の経験談をあらためて紹介する。

【漫画】「なんで自分がパニック障害に?」誰でもなり得る怖さと復活を描いた『パニック障害12年生』

■パニック障害で12年の闘病、「自分が精神的な病にかかるなんて」漫画化に反響

 インスタグラムで公開した漫画『パニック障害12年生』が、読みやすく面白いと注目を集めているクロバさん。プロの漫画家として活動する中、連載スタートと同時にパニック障害を発症したのが、およそ12年前。闘病の日々を描いた漫画は、同じ病に悩む人の支えになるのはもちろん、パニック障害をよく知らない人にとっても、知識を学べるチャンスとなっている。現在は病と共存しながら、明るい生活を送れるようになったという。

 クロバさんがパニック障害を発症したのは、電車の中。突然、感情のない涙が流れてきたそうだ。「仕事の打ち合わせに行くときに、なにか気持ち悪い、動悸が激しくなる…という変な感じはしていたんです。ごはんが喉を通らないときもあって、最終的には電車の中で、これから取材が始まるというプレッシャーが爆発してしまった。僕はもともと、とても適当で軽い性格だと思っていたのに、自分が精神的な病にかかるなんて本当に驚きました」。

 その後は精神科を受診。「精神的な病はメンタルとフィジカル、どちらがきっかけなのかはわからない」とのことで、両方を調べて、同時に治療していくこととなった。とはいえ、家族や仕事仲間に病気をカミングアウトする際には、かなりの葛藤があったという。

 「仕事相手の編集さんには、『漫画家として使われなくなったらどうしよう』という不安もあり、なかなか話せなかったですね。かなり時間が経ってから伝えたのですが、『今までもやってこれたから大丈夫でしょう』みたいな、意外にさらっとした感じで(笑)。僕としてはある程度覚悟をしていましたが、いい人たちに恵まれたんだと思います。仕事もしやすくなり、言って良かったなと思いました」。

コメントは受け付けていません。