「高校生と創る演劇2022」は田坂哲郎脚本&川口智子演出、出演者・スタッフ募集も(ステージナタリー)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:ステージナタリー

「高校生と創る演劇2022」が11月5・6日に愛知・穂の国とよはし芸術劇場PLAT アートスペースにて上演される。

【画像】田坂哲郎(撮影:みたとも)(他2件)

“高校生と創る演劇”は、穂の国とよはし芸術劇場PLATによる、東三河地域を中心とした高校生とプロの演出家・スタッフによる舞台プロジェクト。第9弾となる今回は、非・売れ線系ビーナスの田坂哲郎による脚本、川口智子の演出による新作舞台となる。

公演に向けて田坂は「高校生の時、演劇部に入っていました。偉大な諸先輩の影響を受けまくった脚本を書き、目にもの見せてやるという気持ちで地区大会に出て、県大会にはあがれず、大人はわかってくれないと嘆いていました。まだ見ぬ豊橋の高校生たちと、どんな作品が作れるか、激しく妄想が止まりません。目にもの見せてやろうぜ!」、川口は「今回は、裏側の方に集合してくれる人を募集します。劇場に集まって、いつもより少しゆっくり考えたり、誰かとアイディアを交換したり、たまにポカンとしたりしながら、一緒にお芝居をつくる出演者とスタッフのみなさんです。何が起こるのかまだわかりません。ドキドキします。それでも劇場で共に時間を過ごす、そのワクワクの方が気になる。そんな皆さんに会えるのを楽しみにしています」とコメントした。

なお現在、本作の出演者とスタッフを募集。応募資格は生年月日が2004年4月2日から2007年4月1日までの人、または高校在学中の人で、演劇未経験者歓迎となっている。詳細は劇場の公式サイトで確認を。応募受付は4月22日17:00まで。

■ 高校生と創る演劇2022
2022年11月5日(土)・6日(日)
愛知県 穂の国とよはし芸術劇場PLAT アートスペース

脚本:田坂哲郎
演出:川口智子

【広告】 更年期?

《経典薬方》十全大補丸


・冷えや顔色の悪さが悩みの方に
・産後、体力が回復しない方に

発汗を伴うめまい、手足の冷えの改善に

コメントは受け付けていません。