「2021東京・中国映画週間」10月25~31日開催! 中国共産党100周年記念映画「1921」がオープニング作品に(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

中国映画の最新作・話題作を上映する「2021東京・中国映画週間」が、10月25~31日にTOHOシネマズ日本橋で開催されることが決定。日本初公開作品を含む8作品が上映される。

【フォトギャラリー】「2021東京・中国映画週間」上映作品

 「東京・中国映画週間」では、日本と中国の映画を通じた文化交流を目的として、中国の最新作や話題作を、毎年8~10作品を上映。今年のオープニング作品は、ホァン・ジェンシン監督の最新作で“共産党建党100周年”を記念して製作された「1921」。ホアン・シュアン、ニー・ニー、ワン・レンジュン、リウ・ハオランといった中華圏のスターが結集し、日本からは池松壮亮、奥田瑛二、白石隼也らが出演している。

 そのほか、2022年1月に日本公開を迎える「こんにちは、私のお母さん」を同映画祭で初披露。医療従事者の新型コロナウイルスとの闘いを描いた「アウトブレイク 武漢奇跡の物語」(原題:中国医生)、アラサー女子の夫探しをテーマにした「婚活ママ」(原題:尋漢計)、上海を舞台としたヒューマン映画「トップ・オブ・ザ・シティ」(原題:大城大楼)、日本人振付師akaneが振付を監修したことで知られる「僕らが空を照らしたあの日」(原題:燃野少年的天空)、ドキュメンタリー映画「サヴァの向かう先」(原題:薩瓦流淌的方向)、アニメーション作品「新・大頭児子と小頭パパ4 完璧なパパ」が上映される。

 「2021東京・中国映画週間」は、10月25日~31日にTOHOシネマズ日本橋で開催。各作品の鑑賞料金は、1500円(税込み)。

【広告】 更年期?

《経典薬方》全鹿滋腎丸

<

・体のだるさ、痛みを感じる方に
・眠りが浅い、眠れないと悩んでいる方に

腰や膝を始めとする身体機能の衰えやだるさ、      睡眠の質などの改善に

コメントは受け付けていません。