「X-MEN」スピンオフ「ニュー・ミュータンツ」は3部作の第1弾に 監督が示唆(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

[映画.com ニュース] 人気SFアクション「X-MEN」シリーズの新スピンオフ映画「ニュー・ミュータンツ(原題)」が、3部作の第1弾として製作されていることがわかった。

 「きっと、星のせいじゃない。」のジョシュ・ブーン監督がメガホンをとっている「ニュー・ミュータンツ」は、隔離施設に閉じ込められた特殊能力を持つ若きミュータントたちを描くもので、ブーン監督は当初から3部作構想を練ってきたという。

 「ニュー・ミュータンツ」を含めた3部作は、これまでの「X-MEN」シリーズよりもホラー要素の強い作品になるとのこと。英IGNによれば、ブーン監督は「デッドプール」や「LOGAN ローガン」など、20世紀フォックスが同じ「X-MEN」シリーズでも全くテイストの違う作品を製作していることに刺激を受け、「ニュー・ミュータンツ」も独自のトーンで作りたいと考えたようだ。ダークさが際立っていたビル・シェンキェビチ&クリス・クレアモントによる原作コミックや、映画「カッコーの巣の上で」「エルム街の悪夢」にインスパイアされた作品になっており、本作が成功すれば第2弾、3弾とそれぞれ違ったトーンのホラー映画として製作するつもりだという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。