『おかえりモネ』スーちゃん&マモちゃん 関係の変化にネット歓喜「お似合いか!」(クランクイン!)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:クランクイン!

女優の清原果耶がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第18週「伝えたい守りたい」(第86回)が13日に放送され、物語の時間は2019年9月に突入。百音(清原)の幼なじみの明日美(恒松祐里)と同僚の内田(清水尋也)の関係の変化に、ネット上には「お似合いか!」「ラブラブやん」といった反響が巻き起こった。

【写真】マモちゃんを見て「育てたいわぁ…」と話していた頃のスーちゃん

 第86回の冒頭、2016年4月に上京した百音の東京での歩みが駆け足で振り返る映像が映し出されると、物語の時間は一気に2019年9月へ。百音は、気象情報会社ウェザーエキスパーツ社の社員として、同僚の莉子(今田美桜)や内田と共に車いすマラソン選手・鮫島(菅原小春)のサポートや、朝の情報番組の仕事をこなしていた。

 鮫島は選考レースに勝利し晴れてパラリンピックの代表選手に。百音や明日美が暮らす汐見湯では、鮫島の祝勝会が催される。リビングで鮫島と百音、大家の菜津(マイコ)が楽しく会話をしていると、そこへ笑顔の内田とすねた様子の明日美が入ってくる。内田や新たに駆けつけた莉子、上司の野坂(森田望智)が次々と鮫島を祝福するが、明日美は離れたところに座ってすねたままだ。

 見かねた百音は「どうしたの? スーちゃん…」と心配そうに声をかける。すると明日美は、納得いかない様子でマモちゃんこと内田の携帯に他局の売れっ子気象予報士の女性から連絡があったことを明かすと、一同はびっくり。「向こうから急に…」と困った表情で応える内田に、明日美は「も~さぁ! モテオーラ出さないでよ! 中身風オタクのくせに!」と一言。これに莉子が「スーちゃん内田くんのこと育てすぎちゃったよねぇ…」とからかうと、内田は頭をかかえる明日美に「何を心配してんの? 意味が分からない!」と言いながら近づき「僕はスーちゃん以外に興味ないよ」と慰める。

 9日放送の第84回では、気象キャスターデビューした内田をテレビで眺めながら「育てたいわぁ…この人」とうっとりしていた明日美。時間が流れて交際に至っている明日美と内田の姿に、ネット上には「ギャー!そうなった!スーマモ!!」「進展してるやないの!!」「やっぱり付き合ってるー!!」などの声が相次ぎ、さらに2人の親密ぶりに「お似合いか!」「朝からスーマモ見てほっこり」「ラブラブやん」といったコメントも集まっていた。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ



コメントは受け付けていません。