『エルヴィス』主演オースティン・バトラー初来日! 「とても温かい歓迎を受けました」と感激(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

映画『エルヴィス』のワールドツアーを行っていた主演のオースティン・バトラーとバズ・ラーマン監督がツアーファイナルとなる日本に来日し、28日に都内で行われたイベントに出席。バトラーは「初来日だったのですが、とても温かい歓迎を受けました。何度ありがとうと言ったか分からない」と喜びを口にしていた。

【写真】オースティン・バトラー初来日! 「本当にありがとう」と感無量

 本作は、世界中で熱狂的なファンを持つエルヴィス・プレスリーの破天荒な半生を描いた物語。数々の名曲に乗せて、エルヴィスの真実の物語が展開する。イベントにはゲストとして女優の玉城ティナ、新しい学校のリーダーズも参加した。

 初来日となったバトラー。劇中でエルヴィスが着用したピンクのスーツにちなんでピンクに敷き詰められたカーペットを闊歩しファンサービスを楽しむと、舞台に上がり「本当にありがとう」と感無量な表情を浮かべる。

 さらにバトラーは「僕は初来日だったのですが、とても温かい歓迎を受け、何度ありがとうと言ったか分かりません」と感謝を述べると「エルヴィスは日本に来たいと言っていたけれど、それが叶うことはありませんでした。でもこうやって僕が来日し、夢を叶えることができた。作品をみなさんと分かち合えたことは、本当にすごいことです」としみじみ語った。

 本作は、全米ナンバーワンヒットを含め、世界で高評価を受けている。ラーマン監督は「ナンバーワンになったことはとてもうれしいけれど、なによりもうれしいのは、ほかの作品を含め、劇場に人が戻ってきてくれたこと」とコロナ禍で元気のなかった映画界に明るい兆しが見えていることを明かすと「ぜひ大きなスクリーンの映画館でたくさんの人と物語を共有してほしい。そしてこの映画をキングオブシネマにしてほしい」とファンに呼びかけていた。

 またゲストとして参加した玉城から「エルヴィスの魅力は?」と聞かれたバトラーは「僕が演じて惹かれたのは人間エルヴィス。幼いころ貧しかったことを含め、彼がなにに掻(か)き立てられステージを行っていたのか。知れば知るほど大好きになりました」と熱い思いを口にしていた。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                  買取プレミアム

がおすすめ



コメントは受け付けていません。